急な雨でも安心の防水仕様バックパック!便利な機能が満載の『トランスポータースーパーコンボ』

ツーリング中に予想がつかないことの一つが突然の雨。ライダーは予めレインスーツを用意しておけばそれを着ればいい。しかし、バッグは防水カバーが用意されていなかったり、持っていても取り出して被せるまでの間に荷物が濡れてしまうことも…。

そんな時に便利な防水仕様のバッグがコレ!

RIDEZ トランスポータースーパーコンボ RTS01
カラー
ブラック・アーミーグリーン・カモ
容量
25ℓ
サイズ
50×30×15㎝
価格
1万1,880円(税8%込)

製品詳細・販売ページ

気候に左右されない使い勝手のよさが◎

防水カバーが用意されているバッグは最近多いけれど、バッグ自体に防水機能を持たせているバッグは少ない。実際のところ、通り雨のような数十分だけ降られるシーンでわざわざ防水カバーを被せるのは面倒だと誰もが思うことだろう。そんなときパッグ自体が防水であるこのトランスポータースーパーコンボは重宝すること間違いなしだ。素材に防水性を持たされているだけでなくすべてのファスナーに止水タイプを用いるといった徹底ぶりなのである。

 

ライズ トランスポータースーパーコンボ RTS01 ライズ トランスポータースーパーコンボ RTS01 止水ファスナー
ファスナー部分は全て止水タイプが採用されているため、利便性を損なうことなく防水性を獲得している
ライズ トランスポータースーパーコンボ RTS01
バッグ自体が防水仕様のため多少の雨なら荷室が濡れることはない。

 

さらに長時間雨にさらされる際のことも考慮して防水カバーも装備されている。加えてこの防水カバーの収納場所が上部の取っ手なので、雨が上がってツーリングの途中で収納する際も、荷物が濡れるなどの心配がないところ高ポイント。また、出先でバッグを地面に置くことを考慮して、底部分のウレタンが厚めなのに加えてパッドが付いてているので、こちらも地面が濡れている雨の際に重宝すること間違いなしなのだ。

ライズ トランスポータースーパーコンボ RTS01 防水カバー使用時
長時間雨にさらされる場合や豪雨の際は、防水カバーを使用すれば安心だ

 

電子機器の使い勝手を考慮した収納でマルチパーパス

まず容量が25Lと適度なのがいい。バックパックの場合、容量が多いと当然ながら荷物が増えて重くなりライダーへの負担が大きくなってまうのだ。またラップトップ、タブレット用のスペースが確保されているのでそれらを持って行き、昼食時に午前中にアクションカメラで撮った走行シーンを食事を摂りながらみんなで観て楽しむなんてことも可能だ。さらにUSBポートが用意されているので、バッグ内にモバイルバッテリーをセットしておけば、スマートフォンなどの充電も可能だ。もちろんこれらの機能は日々の通勤でも重宝すること間違いなしなので、幅広いシーンで活躍するバッグなのである。

 

併せて使いたい雨対策アイテム

DEF ウォータープルーフシューズカバー DEF-SC1

雨対策としてバッグに忍ばせておきたいのがシリコン製で伸縮性のあるDEF・ウォータープルーフシューズカバー。ピタッとブーツにフィットするので見た目もスタイリッシュ。底は滑り止め処理がされているので安心だ。

カラー
ブラック、ホワイト、レッド、イエロー、グリーン
サイズ
M(22.5-25.5cm)・L(25-27.5cm)
価格
1,620円(税8%込)

製品詳細・販売ページ

 

Norton レインウエア NRRW01

レインスーツもへエンジン熱の対策がなされていたり、走行風を考慮したバイク用を用意したい。こちらはライズインターナショナルが取り扱うノートンのレインウエア。

カラー
ブラウン・ブラック
サイズ
S・M・L・LL・3L・4L
耐水圧
10,000㎜
透湿性
3,000g/㎡/24hrs
価格
1万584円(税8%込)

製品詳細・販売ページ

CONTACT

問い合わせ先
ライズインターナショナル
電話番号
045-628-9666
URL
https://ridez.jp

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします