ジーンズなのにレザー? クシタニ エクスプローラージーンズ

 

すでに創業70周年を越えるライディングウエアメーカー・クシタニ。

そのブランドイメージはやはり革ツナギを筆頭にスポーツライディング向けのウエアということになるだろうが、その中に1996年の発売開始から20年以上経った今もロングセラーとなっている革素材のジーンズがあるのはご存知だろうか。

 

エクスプローラージーンズとは

 

今から20年以上前からすでにレザージーンズというものは存在していたという。

しかし、レザーの風合いや性能を残しつつ、ファッション性と融合させたカジュアルライディングウエアとして進化させたのが「エクスプローラージーンズ」だ(発売当時の名称はカントリージーンズ)。

 

従来のライディングパンツとは一線を画し、バイク性能に特化しつつも乗っていない時でも普段着のようにはけるスタイルで人気を博したのだ。

 

 

天然皮革はライダーにとって必要な性質が備わっている。

しなやかさや伸縮性、そして防寒性や耐風性、透湿性や転倒時の保護性能。そしてそれらを保ったままに革自体にフッ素を浸透・結合させることで優れた撥水性をプラスしたのが“エグザリートレザー”と呼ばれる、エクスプローラージーンズのために開発されたバイク乗りのための革なのだ。

「革は水に弱い」という常識をくつがえしたエグザリートレザーのアイデアはサーキットでの快適性を確保するために生み出された技術からくるもので、そのあたりはやはりクシタニならではと言える。

 

表面に水を垂らした、品質がわかる1枚。水がコロコロと転がるほどに撥水性が向上しているが、革自体にフッ素が浸透しているため水洗いも可能だ

問い合わせ先
クシタニ
電話番号
053-441-2516
WEBサイト
http://www.kushitani.co.jp

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします