YAMAHA TRICKERもSEROW250と同じく新排ガス規制に対応し、2018年9月20日より販売スタート!

 

セロー250同様の新排ガス規制対応エンジンを搭載し、トリッカーが再登場。2018年9月20日から販売を開始する。価格は46万7,640円だ。

 

 

エンジンはキャニスター装着をはじめとした変更を加えることで、平成28年排ガス規制に対応。それに伴う出力の低下を補うために圧縮比が若干上げられている(9.5から9.7に)。

そうしたエンジンの変更点の詳細に関してはベースモデルである新型セロー250の記事を参考にしてみてほしい。

 

YAMAHA SEROW250

 

その他の変更点としては、タンク容量が従来モデル比で0.2ℓ減の7ℓになるとともに、車両重量は従来モデルで2kg増の127kgとなっている。

 

 

デザインやカラーリングは従来モデルを踏襲しており変更はなし。オレンジとマットブラックというカラーバリエーションも従来モデルからの継続だ。

 

COLOR VARIATION

 

従来モデルの詳細はコチラの記事で!

2004年登場の“フリーライドプレイバイク” TRICKER まとめ

 

YAMAHA tricker 製品ページ

 

SPECIFICATIONS

車名(通称名) tricker
型式 2BK-DG32J
全長×全幅×全高 1,980×800×1,145(mm)
軸間距離 1,330mm
最低地上高 280mm
シート高 810mm
車両重量 127kg
燃料消費率 WMTCモード値 38.7km/ℓ
定地燃費値 45.2km/ℓ
エンジン種類 空冷4ストロークOHC 2バルブ 単気筒
総排気量 249cm3
内径×行程/圧縮比 74×58(mm)/9.7
最高出力 14kW(20ps)/7,500rpm
最大トルク 20N・m(2.1kgf・m)/6,000rpm
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量 7ℓ
エンジンオイル容量 1.4ℓ
潤滑方式 強制圧送ウェットサンプ
燃料供給方式 フューエルインジェクション
始動方式 セルフ式
点火方式 TCI(トランジスタ式)
クラッチ形式 湿式多板
トランスミッション形式 常時噛合式5段
ギヤ・レシオ 1速 2.846
2速 1.812
3速 1.318
4速 1.035
5速 0.821
一次減速比/二次減速比 3.083/3.000
キャスター/トレール 25°10’/92mm
タイヤサイズ 80/100-19 49P
120/90-16 63P
ブレーキ形式 Φ220mmシングルディスク&片押し2ポットキャリパー
シングルディスク&片押し1ポットキャリパー
懸架方式 インナーチューブ径Φ35mm 正立フロントフォーク
スイングアーム,シングルショック
フレーム形式 セミダブルクレードル
乗車定員(人) 2
メーカー希望小売価格 46万7,640円

tricker製品ページ

CONTACT

問い合わせ先
ヤマハ発動機 カスタマー コミュニケーション センター
電話番号
0120-090-819
URL
http://www.yamaha-motor.co.jp
ヒラオ

written by

ヒラオ

イイものはイイ、ダメなものはダメと素直に言いたいだけなのに、基本否定や悪口から入ると周囲から言われる1992年生まれ。バイクだけに限らず、乗り物なら基本的に何でも好きだけど、シンプルな乗り味で自分が操っている感を楽しめるものが好み。

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします