進化は止まらない!赤外線カットシールド初採用のフルフェイスヘルメット『KAMUI-3』

人気モデルの進化は止まらない

2012年の夏に初めてカブトがインナーサンシェードを採用したモデルとしてラインナップに加えた“カムイ”。インナーサンシェードを装備することで機構が増えて、本来なら採用していないモデルに比べて帽体が大きくなり、重さも増してしまうわけだけれど、そのデメリットを感じさせないデザインと重量を実現していた。その結果、人気モデルとして好調なセールスを記録したのだ。

 

新発売から3年経った2015年秋にはワイドタイプピンロックシート対応のシールド、ダブルアクションリリース機構でワンタッチで脱着・微調整を可能としたマイクロラチェットバックル、消臭機能付き“MOFF®あごひも”を採用してさらなる使い勝手のよさを求めてカムイ2へとバージョンアップした。

 

そして、今夏、さらなる進化によって3へとフルモデルチェンジすることが発表されたのだ。外観は、従来モデルと同じくヘッドベンチレーションを左右2ヶ所配することで、カムイのイメージを継承しつつ、そのヘッドベンチレーションの両外側に新たにシャープなラインを加えることで、スポーティな印象を高めている。よりスポーティさを増しているという点では、全体的にエッジを際立たせていることもその要因として挙げられる。また、エッジを強調したことは、質感を高めるという点においても効果を発揮していると言えるだろう。

 

Kabuto KAMUI-3 クールガンメタ

Kabuto KAMUI-3 クールガンメタ リヤビュー

 

もちろん外観の刷新だけではなく、機能面においても新しい技術が投入されていてることも見逃せない。なかでも帝人の熱線遮蔽素材を使用したシールドは、紫外線を99%カットすることで日焼けから守ってくれ、赤外線を77%カットすることでヘルメット内の温度上昇を抑制してくれるのだ。真夏、フルフェイスヘルメットをかぶっていると信号待ちなんかで、ヘルメット内が暑すぎると感じた経験があるかと思うけれど、そういった不快感からの解放が望めるのだ。またそれ以外にも使い勝手がさらによくなっており、たとえばインナーサンシェードの開閉用ノブが厚手のグローブをしたままでも指に引っかかりやすい形状とスライド方向になっている。

 

さらに、ブルートゥースインカムの装着率が高まっている現在、その取り付け用の専用スペースが設けられている点も大きな魅力といえる。加えてメガネ装着率の高いわれわれ日本人にとってうれしいのは、チークパッドの縫製パターンにメガネのツルが通しやすいものを採用していたりと細かな配慮がなされているところだ。

 

ぜひとも店頭で手に取ってその使い勝手の進化をチェックしてみてほしい。

 

使い勝手がよくなったKAMUI-Ⅲの装備

帝人 熱線遮蔽素材使用“UV & IRカットシールド”を採用

Kabuto KAMUI-3のUV&IRカットシールド

 

高機能繊維・化成品・複合成形材料をグローバルに事業展開する帝人のUV(紫外線)とIR(赤外線)をカットする高機能ポリカーボネートをシールド素材として用いた“UV&IRカットシールド”を採用

※グラフは白熱灯(300W)を照射してヘルメット内の温度を測定

新設計のインナーサンシェードとスライドノブ

広いエリアをカバーする大型のサンシェードを採用。グローブを装着したままでも指が引っかかりやすい形状のノブにより開け閉めがしやすい

Kabuto KAMUI-3の新設計インナー サンシェードとスライドノブ
ブルートゥースインカム専用取付スペース

ブルートゥースインカムの取り付けを考慮したスペースを帽体の左右に設定。ケーブルルートも設置されている。アクションカムにも活用できる

Kabuto KAMUI-3のブルートゥースインカム 専用取付スペース
心地よく包み込むような新フィット感内装

スムーズに着脱ができてかつ首元までをソフトに包み込むような心地よいフィット感の両立を追求している

Kabuto KAMUI-3の新フィット感内装

 

従来からの定評ある装備

カラーバリエーション

 

製品情報

製品名
KAMUI-3
カラー
パールホワイト・ブラックメタリック・フラットブラック・シャイニーレッド・クールガンメタ
サイズ
XS(54-55)・S(55-56)・M(57-58)・L(59-60)・XL(61-62未満)(㎝)
規格
JIS
発売時期
2019年5月下旬(予定)
価格
3万1,320円(税8%込)

製品詳細ページ

CONTACT

問い合わせ先
オージーケーカブト
電話番号
06-6747-8031
URL
http://www.ogkkabuto.co.jp

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします