ヤマハ・トリシティ125に新色となるマットブルーが登場!!

 

ヤマハの3輪モデル・トリシティ125に新色となるマットブルーが追加された。新色の販売は12月15日より開始される予定だ。これにより、既存のブラック・レッド・ホワイトの3色と合わせて、計4色でのカラー展開となった。

トリシティ125は、ヤマハの提案するLMW(=Leaning Multi Wheel。モーターサイクルのようにバイクを傾けて旋回する3輪以上の車両の総称)の第一弾モデルとして、2014年9月より発売が開始された。その後、2015年4月にはABSを標準装備したモデルも新たに追加されている。

水冷単気筒124ccエンジンをアンダーボーン形状のフレームに搭載し、前2輪・後ろ1輪で支える車体には、ヤマハ独自のLMW機構を採用。それによって、通常の二輪車と変わらないハンドリングを実現しつつ、3輪ならではの安心感ももたらしてくれるのが特徴だ。

また、第44回 東京モーターショーでは、大型LMWのコンセプトモデル・MWT-9も新たに発表されるなど、LMWシリーズの今後の展開が大いに気になるトコロだ。

 


 


COLOR VARIATION

SPECIFICATIONS

車名(通称名) TRICITY125
型式 EBJ-SE82J
全長×全幅×全高 1,905×735×1,215(mm)
軸間距離 1,310mm
最低地上高 120mm
シート高 780mm
車両重量 152(156)kg
燃料消費率 WMTCモード値 38.8km/ℓ
定地燃費値 35.8km/ℓ
エンジン種類 水冷 4 ストローク OHC 2 バルブ単気筒
総排気量 124cm3
内径×行程/圧縮比 52.4×57.9(mm)/10.9:1
最高出力 8.1kW(11PS)/9,000rpm
最大トルク 10N・m(1.0kgf・m)/5,500rpm
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量 6.6L
エンジンオイル容量 0.9L
潤滑方式 ウェットサンプ
燃料供給方式 フューエルインジェクション
始動方式 セルフ式
点火方式 TCI(トランジスタ式)
クラッチ形式 乾式, 遠心, シュー
トランスミッション形式 Vベルト式/オート
一次減速比/二次減速比 1.000/9.533(44/15×39/12)
キャスター/トレール 20°00’/68mm
タイヤサイズ 90/80-14M/C 43P(チューブレス)
110/90-12/ 64L(チューブレス)
ブレーキ形式 油圧式シングルディスク
油圧式シングルディスク
懸架方式 テレスコピック
ユニットスイング
フレーム形式 アンダーボーン
乗車定員(人) 2
メーカー希望小売価格 35万6,400 (39万9,600) 円

 

※( )内はABS仕様のスペック

ヤマハ発動機お客さま相談室
0120-090-819
http://www.yamaha-motor.co.jp/mc