SUZUKI SV650ABS

連載新車体感 ニューモデルインプレッション

No.
175
連載新車体感 ニューモデルインプレッション

誌面を“まる読み”できます!

※公開中の誌面内容はNo.175(2016年10月24日)発売当時のものになります

インプレッションの誌面を開く
次のページ
前のページ
no175_sv650_01

原点回帰を掲げスポーティなSVが帰って来た

no175_sv650_02

オーソドックスな丸目1灯へと戻ることになったSV650。ネイキッドとストリートファイターの中間種のようなメーターハウジングを兼ねたビキニカウルが独創的だ

no175_sv650_03

メーターはGSX-Sシリーズとベースが一緒。主だった機能に加えて、燃費や航続可能距離も表示。しかも航続可能距離の表示にはかなりこだわり1ケタ台まで表示する

no175_sv650_04

ライダーの気持ちに呼応するストットルレスポンスのよさは是非体感してほしいところ。レバー幅のダイヤル調整ができるのもうれしいところだ

no175_sv650_05

新生SVはABS仕様のみの設定。ニッシン製のABSユニットが小型化されたことで830gの軽量化を達成。ホイールは、グラディウスからそのまま受け継いでいる

no175_sv650_06

タンク容量は13リットルでレギュラーガソリン仕様。燃費はメーターアベレージで23km/リットルぐらい。つまりワンタンクでの航続可能距離は約300kmほど。メーターにはそのレンジ表示も

no175_sv650_07

足つき性を優先したシートはクッションがかなり薄く、筆者の場合1時間ほどでオシリが痛くなり始めた。クッションを厚めにしたハイシートが欲しいところだ

no175_sv650_08

Vツインとトラスフレームの相性が抜群。なかでもこのクラスの排気量&パワーこそベストマッチというのが僕の持論。しなやかなフレームで曲がる軽やかな旋回性が存分に楽しめる

SPECIFICATIONS

全長×全幅×全高
2,140×760×1,090mm
軸間距離
1,450mm
シート高
785mm
車両重量
196kg
エンジン型式・排気量
水冷4ストロークDOHC 4バルブV型2気筒・645cm3
最高出力
56kW(76.1ps)/8,500rpm
最大トルク
64N・m(6.5kgf・m)/8,100rpm
タンク容量
13L
価格
73万8,720円(税8%込)
メーカー製品ページ

http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/sv650al6/top

CONTACT

問い合わせ先
スズキお客様相談室
電話番号
0120-402-253
URL
http://www1.suzuki.co.jp/motor/

※記事の内容はNo.175(2016年10月24日)発売当時のものになります

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします