KAWASAKI VERSYS-X 250 ABS TOURER

巻頭特集そうさっ今こそアドベンチャー!
心躍る、大井川遡上の冒険へ

No.
184
巻頭特集そうさっ今こそアドベンチャー!心躍る、大井川遡上の冒険へ

企画を“まる読み”できます!

※公開中の誌面内容はNo.184(2017年7月24日)発売当時のものになります

インプレッションの誌面を開く
次のページ
前のページ

写真:関野 温

こいつは正真正銘のツアラーだ

オフにも躊躇なく行ける正統なアドベンチャー

カワサキが満を持して送り出した250㏄アドベンチャーバイク、そのコンセプトは伊達ではなかった。荷物を満載にして走った約600㎞の今回のツーリングにおいて、その安定性と走りやすさから“まさにツアラーだ”と何度も思わずにはいられなかった。

 

スタンダードのヴェルシスX250ABSに比べてパニアケースやエンジンガード、ハンドガードなどを標準装備したのがこの『ツアラー』である。それらの装備によって車体のボリューム感、大きさがスタンダードより際立って見える。クラスを超えた存在感だ。

 

ニンジャ250をベースにしたエンジンは元よりも高回転型の味付けとなり、1万1,500回転で最高出力を、1万回転で最大トルクを発揮。低回転域からモリモリと、というわけにはいかないが、よく回るエンジンでねらった速度まですばやく到達してくれる。

 

荷物を積んだ状態での高速道路でも車体に不安定な挙動は見られず、速度を出しても十分に期待に応えてくれた。ウインドスクリーンとハンドガードの防風効果も実感できるものだ。

 

そしてヴェルシスを正統なアドベンチャーたらしめるのが前後17インチではなく、前19インチ、後17インチのタイヤに加えて、ワイヤースポークホイールを採用している点だろう。“アドベンチャー”へのカワサキのやる気がわかる部分だ。この装備によって段差を越えていく力や路面からの衝撃吸収性が高まり、今回の河原や河川敷のような砂利道でも、怖さを感じない走破性を発揮してくれた。

 

オンとオフ、どのステージでも期待に応えてくれ、しかも荷物をいっぱいに積み込んでも頼りになる。新たな250ツアラーの誕生を歓迎したい。

 

 

ボリューム感バツグン!『ツアラー』の標準装備品

※記事の内容はNo.184(2017年7月24日)発売当時のものになります