No.12 インジェクション

駆動系

時代はエコへ!電子制御を操るイマドキ娘

Profile

ピコピコ、カタカタ…
今日のメニュー、合いましたか? …わあっ、嬉しいですっ

現バイクパーツ界で新人の彼女は、古くから燃料噴射装置の役割を務めるキャブレターの後輩にあたる存在、バイクにとってのごはん屋さんだ。各種センサーやコンピューターを駆使するデジタル派で、オーダーしなくとも環境条件に合わせた最適な混合気を計算・作ってくれる、まさに頭脳派スーパールーキー! ただし扱いが難しいお年頃なのでメンテやセッティングはプロにお任せしよう。エコ活動に熱心で、調理後のゴミを減らすことが生き甲斐。趣味は超音波風呂に入ってリフレッシュすること。印刷は勿論インクジェット派。

「インジェクション」ってなぁに?

正式名称はフューエルインジェクションという、電子制御で燃料を噴射する装置のこと。ECUと呼ばれるコンピューターで、アクセル開閉度・回転数・気温・気圧・エンジン温度などを各種センサーで感知して、最適な燃料を供給し噴射するシステム。キャブレターと比べて始動性や燃費、安定性が向上しやすいため、今までのキャブ車もどんどんインジェクション化されている。

 

キャブレターよりも非常に複雑な構造のため自分でメンテナンスすることは困難。また、チューニングはインジェクションコントローラーというセッティング機械で好みのセッティングをすることが可能だ。

インジェクションちゃんが登場する4コマ漫画が気になった方は本誌をチェック!

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします