No.14 スパークプラグ

電装系

特技は放電!良い火花つくります

Profile

君のひとみは30,000ボルト?
照れるッチ チー…

他のパーツに比べとっても小さなサイズの彼女は、バイクパーツ娘界のマスコット的存在。しかし電流を操り火花を飛ばし、燃料を延焼させることでとっても大きなパワーを生み出すカッコイイ能力を持ったパーツ娘なのだ。交換は1万㎞に1回程度でよくチチチ…と機嫌よく働くが、あまり手がかからないためそのまま存在を忘れるとススけて黙りこくる。おへそをとられるかもしれないゾ。

「スパークプラグ」ってなぁに?

エンジン始動時は混合気をを爆発させてエネルギーに変えている。その混合気に火をつけてくれるのが点火装置であるプラグ。
一見目立たない小さなパーツではあるが、劣化しているとエンジン始動が悪くなるどころか走行中にエンジン停止などの可能性も。
交換目安は6,000~10,000㎞といわれているが、車種によって異なる。

 

エンジン始動の不調原因として、電極が減り隙間ができたことにより火花が飛ばない、ススが堆積しているなどの原因が挙げられる。そういった場合には新品への交換をオススメする。

プラグちゃんが登場する4コマ漫画が気になった方は本誌をチェック!

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします