新型クロスカブ110が2018年2月23日より遂に国内販売を開始!前後14インチホイール採用のクロスカブ50も同時に新登場

 

 

東京モーターショーで市販予定車として発表され、大いに注目を集めていた新型クロスカブ110が、遂に2018年2月23日より国内販売をスタート!同時にクロスカブ50も新たに登場する。

 

販売価格はクロスカブ110が従来モデルから4万8,600円高の33万4,800円、クロスカブ50は29万1,600円となっている。

カラーリングはクロスカブ110がイエロー・レッド・グリーンの3色、クロスカブ50がホワイト・レッドの2色展開だ。

 

タンデムOKなクロスカブ110が登場

 

かねてより登場が期待されていたタンデムOKな新型クロスカブ110。東京モーターショーで披露されていた姿そのままに、2人乗りに対応するタンデムステップを備えて登場した。

 

ガード付きのLEDヘッドライトやレッグシールドレスの下まわり、リヤキャリアなどを採用することで、遊び心をくすぐるアウトドアスタイリングに仕上げられている。

 

 

さらに、スチール製のフロントフェンダーやカモフラージュ柄をあしらったメーターパネル、往年のハンターカブを彷彿とさせるスリット入りのマフラーガードなども見逃せないポイントだ。

 

基本的なスタイリングはクロスカブ50と共通だけれど、クロスカブ110だけの専用装備として可倒式のメインステップとブラックカラーのホイール、428サイズの太めのチェーン、リヤマッドガードを標準採用している。

 

クロスカブにも50cc版が登場

 

クロスカブ110のモデルチェンジに伴って新たに追加されたクロスカブ50。スーパーカブ50/110プロと同じ前後14インチホイールを新採用し、シート高はクロスカブ110の784mmから44mmダウンの740mmに。

さらにシート形状もクロスカブ110とは厚み&絞りともに変更されているようす。スリムな形状とすることで足着き性UPに貢献!足着き性や乗り降りのしやすさを重視するライダーでも気軽に乗りやすくなっているのではないだろうか。

 

 

ちなみに、クロスカブ50ではスーパーカブ伝統の右ウインカータイプのスイッチボックスを採用。リヤブレーキのトルクロッドも太めの穴開きタイプとなっている。こういったところから、スーパーカブ50プロベースのモデルであることが見て取れる。

 

 

COLOR VARIATION

クロスカブ110

 

クロスカブ50

 

SPECIFICATIONS

車名(通称名) クロスカブ50/110
型式 2BH-AA06[2BJ-JA45]
全長×全幅×全高 1,840[1,935]×720[795]×1,050 [1,090](mm)
軸間距離 1,225[1,230]mm
最低地上高 131[157]mm
シート高 740[784]mm
車両重量 100[106]kg
燃料消費率 WMTCモード値 69.4[66.7]km/ℓ
定地燃費値 94[61]km/ℓ
エンジン種類 空冷4ストローク OHC単気筒
総排気量 49[109]cm3
内径×行程/圧縮比 37.8×44[50×55.6](mm)/10[9]
最高出力 2.7kW(3.7ps)/7,500rpm[5.9 kW(8ps)/7,500rpm]
最大トルク 3.8 N・m(0.39 kgf・m)/5,500 rpm [8.5 N・m(0.87 kgf・m)/5,500 rpm]
燃料タンク容量 4.3ℓ
潤滑方式 圧送飛沫併用式
燃料供給方式 フューエルインジェクション
始動方式 セルフ式(キック式併設)
点火方式 フルトランジスタ式
クラッチ形式 自動遠心式
トランスミッション形式 常時噛合式4段
ギヤ・レシオ 1速 3.181 [2.615]
2速 1.705 [1.555]
3速 1.190[1.136]
4速 0.916
一次減速比/二次減速比 4.058/ 3.307 [2.642]
キャスター/トレール 26゜30′[27゜00′]/ 57 [78]mm
タイヤサイズ 70/100-14M/C 37P [80/90-17M/C 44P]
80/100-14M/C 49P [80/90-17M/C 44P]
ブレーキ形式 機械式リーディング・トレーリング
機械式リーディング・トレーリング
懸架方式 正立フロントフォーク
スイングアーム,ツインショック
フレーム形式 バックボーン
乗車定員(人) 1[2]
メーカー希望小売価格 29万1,600円[33万4,800円]

※[ ]内はクロスカブ110

 

HONDA CROSS CUB50/110 製品ページ

ヒラオ

written by

ヒラオ

イイものはイイ、ダメなものはダメと素直に言いたいだけなのに、基本否定や悪口から入ると周囲から言われる1992年生まれ。バイクだけに限らず、乗り物なら基本的に何でも好きだけど、シンプルな乗り味で自分が操っている感を楽しめるものが好み。

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします