KTMのNEWモデル!普通二輪免許で乗れる本格派250ccADV“250 ADVENTURE”が登場!

ビギナーでも扱いやすいアドベンチャーエントリーモデル!

KTMジャパンは新型モデル“250 ADVENTURE”を12月より発売すると発表。ダカールラリーで培った伝統をフィードバックしたアドベンチャーのエントリーモデルと位置づけし、ビギナーからベテランまで幅広いライダーがアドベンチャーの楽しさを体感できるモデルとなっている。

 

車体構成は今年4月に発売された390 ADVENTUREとほぼ同様に車重は159kg(燃料は除く)と軽量で扱いやすいサイズ感。14.5ℓの燃料タンクは400kmを超える航続距離を備えており、スクリーンの防風効果も高く積載性も抜群でロングツーリングにもおススメなモデルとなっている。

 

シート高は855mmと腰高だが、軽量な車重が足つき性の不安も解消してくれるため小柄な女性でも工夫次第では乗りこなすこともできるはず。気になる方は近くのKTM正規ディーラーなどへ問い合わせだ!

250 ADVENTUREの主な特徴
  • アドベンチャーワールドへの軽量で機敏な入手しやすいエントリーモデル
  • トラベルエンデューロセグメントで最も軽量なモデルの1つ
  • ラリーモデルからのフィードバックを反映したならではのデザイン
  • 非常に軽量なスチール製トレリスフレーム
  • 30PSと24NMを誇るDOHCエンジン
  • DellOrto製38mmスロットルボディを備えたBosch製EFI
  • 機械式パワーアシストスリッパークラッチ
  • 400kmを超える航続距離を提供する約14.5ℓの燃料タンク
  • チューブレスタイヤを備えた頑強なキャストホイール
  • WP製APEX倒立フォーク(トラベル170mm)
  • WP製APEXプリロード調整付ショック(トラベル177mm)
  • BYBRE製ブレーキ(ディスク径:F320mm/R230mm)
  • Bosch製9.1MB2チャンネルABS
  • 軽量な車輌重量(半乾燥159kg、燃料搭載時170kg)
250 ADVENTUREのスペック
軸間距離
1460mm
シート高
855mm
車重
159kg(燃料除く)
エンジン型式・排気量
水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒・248.8cc
最大出力
22kW(30ps)/9,000rpm
最大トルク
24Nm/7,250rpm
燃料タンク容量
約14.5ℓ
タイヤサイズ
F=100/90-19 R=130/80-17
カラー
オレンジ・ブラック
価格
67万9000円(税込)
発売時期
2020年12月

※諸元は欧州仕様

CONTACT

問い合わせ先
KTMジャパン
電話番号
03-3527-8885
URL
https://www.ktm.com/jp

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします