タンデムスタイルとは?

タンデムスタイル最新号「タンデムスタイル」はバイク、つまりオートバイの雑誌です。雑誌には、どんなものであれ「コンセプト」とか「誌風」みたいなモノがありますよね?「タンデムスタイル」の場合、これがかなり特徴的だと自負しています。それはズバリ!

「バイク歴ナシ~中級までのHow to & 楽しみ方発見マガジン」


この一文が何を意味しているかというと…

 

「バイク歴ナシ~中級までの」

文字どおりバイク歴がまったくない人、バイクのことなんて何も知らないよというビギナーにもわかりやすく、楽しく読める誌面づくりをこころがけています。「今までのバイク雑誌はムズカシすぎて読めなかった」という人にもご好評いただいています。

 

「How to & 楽しみ方発見」

ビギナーですから、何をするにせよ「やり方がわからない」という場面によく遭遇します。「タンデムスタイル」には、そんなビギナーが知りたいハウツーがギッシリ!また、バイクを使った楽しみ方ってたくさんあるんですよね。いろんな「バイクライフ」を見つけるにもピッタリの雑誌なんです。

 

「マガジン」

基本的に、毎月24日に発売しています(ちなみにお値段は600円!)
全国書店の「車・バイク」コーナーや、オンライン書店などをチェックしてね。

 

「タンデム」ってどういう意味ですか?

バイク用語で「タンデム」というと、それはおもに「二人乗り」を指します。「じゃ、タンデムスタイルは二人乗りの専門誌なんだ!」と思った方、残念ですがそれは間違いです。もちろん二人乗りのことも取り上げていますが、それだけじゃありません。「タンデム」という言葉には「読者と編集部をつなぐ」「読者同士の輪が広がる」「みんなで楽しく」などという、むしろ象徴的な意味を持たせているんです。

 

  • ビギナーだからこそ、誰かを頼りたい → そんなときは編集部と「タンデム」してください。
  • 仲間と一緒に走ったら、楽しかった → それは心と心が「タンデム」していたんですよ。
  • 一人で走っていても、バイクって楽しい → バイクだって立派な相棒です。やっぱり心で「タンデム」してるんですよ。

 

つまり「タンデムスタイル」は、バイクのジャンルや排気量やライダーを問わず、み~んなが楽しめるビギナー向け総合バイク雑誌なんですね。

Webではどんな内容を配信してるの?

タンデムスタイルのWebサイトは、一般的な「雑誌Webサイト」と違い、独自コンテンツがもりだくさん。スタッフがWebのためだけに書き下ろす「コラム」、編集部の何げない日常がのぞける「編集部スナップ」、雑誌で掲載している企画の裏話が読める「制作現場」などなど、雑誌と一緒に読むとより楽しいコンテンツになっています。もちろんWebだけでも十分楽しめる内容です。