SUZUKI SV650ABS

PR特別企画うまくなりたいならSV650ABS!

No.
178
PR特別企画うまくなりたいならSV650ABS!

誌面を“まる読み”できます!

※公開中の誌面内容はNo.178(2017年1月24日)発売当時のものになります

インプレッションの誌面を開く
次のページ
前のページ

乗り手を育てるバイクそれがSV650ABSだ

メーターは、時計やタコ、ツイントリップといった基本機能に加えてギヤポジション、走行可能距離や平均燃費などを表示。いたれりつくせりのメーターだ

スタートボタンは押し続けるのではなく、ワンプッシュすれば自動で始動するスズキイージースタートシステムをGSX-S1000シリーズに続いて採用

クラッチレバーもブレーキレバーにもレバー作動幅の調整ダイヤルが付いている。細かいところだが、こういった心づかいがマシンの乗りやすさにつながる

極限にまで絞り込まれた785mmのシートはこれでもか! というくらい足つき性がいい。またがって、立ちゴケの不安がないバイクは、たくさん走りたくなるものだ

ハンドルはバーハンドルだが、高すぎず低すぎず、スポーツライディングするのにちょうどいい高さに設定されている。これならツーリングからサーキット走行まで楽しめる

しっかりストロークするとともに、剛性が高すぎないφ41mm径のフロントフォーク。その絶妙な設計のおかげで路面状況が把握しやすい。ABSも標準装備

グラディウスから引き継がれたトラスフレームのしなり感が抜群の旋回性を作り上げる。エンジンパワーと車体のバランスがすごく取れており曲がるのが楽しい、楽しい

スポーツ走行しても過不足を感じない、ちょうどいいスイングアーム剛性。旋回時にはリヤタイヤのトラクションもつかみやすく、“どこまで攻めるか”の感覚がつかみやすい

ビキニカウルが特徴的なフロントマスク。ヘッドライトはシンプルな丸目1灯式でマルチリフレクタータイプ。ウインカーはホワイトレンズを採用している

よくみると微妙な曲面が折り込まれた鉄製フューエルタンクの塗装にはラメも入っていて、角度によってキラメく。容量は13リットルを確保。つまり300kmくらいは走りそうだ

ライダーシートとタンデムシートで表皮の加工を変えるこだわり。ライダーシートがスポーツ、タンデムシートが滑り止め重視の表皮になっている

シート下スペースは広くはないが、バッテリーやヒューズへのアクセスはよく、シート裏側には左右1ヶ所ずつ荷かけ用のループを装備している

SPECIFICATIONS

全長×全幅×全高
2,140×760×1,090mm
軸間距離
1,450mm
シート高
785mm
車両重量
196kg
エンジン型式・排気量
水冷4ストロークDOHC 4バルブ V型2気筒・645cm3
最高出力
56kW(76.1ps)/8,500rpm
最大トルク
64N・m(6.5kgf・m)/8,100rpm
タンク容量
13L
価格
73万8,720円(税8%込)
メーカー製品ページ

http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/sv650al6/top

CONTACT

問い合わせ先
スズキお客様相談室
電話番号
0120-402-253
URL
http://www1.suzuki.co.jp/motor/

※記事の内容はNo.178(2017年1月24日)発売当時のものになります

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします