Ninja250SLに2016年の新色と、ABSを標準装備したKRT Editionが登場!!

カワサキより、249ccの単気筒エンジンを搭載するニンジャ250SLの2016年モデルが2016年5月15日より販売を開始した。2015年モデルからの変更点は、カラー&グラフィックのリニューアルと、溶接止めであったタンデムステップが取り外し式になった点だ。 2016年モデルのカラーラインナップはブラックとブルーの2色展開となり、2015年モデルではスポーティさが前面に押し出されたグラフィックデザインであったが、2016年モデルでは若干落ち着いたグラフィックへと変更を受けている。

また、専用カラーとABS、スモークタイプのスクリーンを標準装備したニンジャ250SL KRTエディションも同時に販売を開始する。 KRTエディションはその名のとおり、カワサキレーシングチーム(KRT)がスーパーバイク世界選手権(SBK)で使用しているZX-10Rをイメージしたカラーリングを採用。グリーン×ブラックをベースに、ホワイトとレッドのラインが走るスポーティなグラフィックに加えて、ホイールにはリムストライプもあしらわれることで、レーシーな雰囲気を感じる仕上がりだ。なお、標準装着タイヤはダンロップのTT900GPからブリヂストンのBT-39へと変更されている。 そのほか、主要諸元などに変更はなく、販売価格はスタンダードモデル比で6万4,800円高の52万3,800円となる。

※部分カットは2014年モデル

 

COLOR VARIATION
2015年モデル

 

 

SPECIFICATIONS

車名(通称名) Ninja250SL
型式 JBK-BX250A
全長×全幅×全高 1,935×685×1,075(mm)
軸間距離 1,330mm
最低地上高 165mm
シート高 780mm
車両重量 149kg
燃料消費率 WMTCモード値 31.3km/ℓ
定地燃費値 43km/ℓ
エンジン種類 水冷4ストロークDOHC 4バルブ 単気筒
総排気量 249cm3
内径×行程/圧縮比 72×61.2(mm)/11.3
最高出力 21kW(29ps)/9,700rpm
最大トルク 22N・m(2.2kgf・m)/8,200rpm
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量 11ℓ
エンジンオイル容量 1.3ℓ
潤滑方式 ウェットサンプ
燃料供給方式 フューエルインジェクション
始動方式 セルフ式
点火方式 バッテリ&コイル(トランジスタ点火)
クラッチ形式 湿式多板
トランスミッション形式 常時噛合式6段
ギヤ・レシオ 1速 3.000
2速 1.933
3速 1.444
4速 1.217
5速 1.045
6速 0.923
一次減速比/二次減速比 2.800/ 3.000
キャスター/トレール 24°00′/ 90mm
タイヤサイズ 100/80-17M/C 52S
130/70-17M/C 62S
ブレーキ形式 Φ290mmシングルディスク&片押し2ポットキャリパー
Φ220mmシングルディスク&片押し1ピストンキャリパー
懸架方式 インナーチューブ径Φ37mm正立フロントフォーク
スイングアーム,シングルショック
フレーム形式 ダイヤモンド
乗車定員(人) 2
メーカー希望小売価格 45万9,000円

 

カワサキモータースジャパンお客さま相談室

0120-400819

http://www.kawasaki-motors.com/mc

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします