HONDA CRF1000L Africa Twin

連載新車体感 ニューモデルインプレッション

No.
168
連載新車体感 ニューモデルインプレッション

企画を“まる読み”できます!

※公開中の誌面内容はNo.168(2016年3月24日)発売当時のものになります

インプレッションの誌面を開く
次のページ
前のページ
no168_crf1000_01

走り出した瞬間わかる。その軽さ

no168_crf1000_02

スクリーンは高速巡航でも非常によく効き走行風が当たらない。そのうえ負圧の逃がし方にも腐心したのだろう、ヘルメットを揺らすような乱流も起きにくいので快適。ヘッドライトユニットは小糸製のLED

no168_crf1000_03

高いオフ性能の実現のためにφ45mmインナーチューブ&ストローク230mmを確保したフルアジャスタブルのフロントフォーク。タイヤもフロント21インチ/リヤ18インチのフルサイズをチョイス

no168_crf1000_04

右スイッチボックス中央にあるのがドライブモードの切り替えボタン。通常モードの「D」に対して、スポーツモードの「S」は変速時にエンジン回転を引っぱる傾向にある。しかも「S」モードは3段階に切り替えが可能

no168_crf1000_05

【DCT仕様】クラッチレバーのようなものはパーキングブレーキ。スイッチボックス下側にあるのはギヤチェンジボタン。トラコン切り替えスイッチは、スイッチボックス前方にある。5段階切り替えのグリップヒーターはオプション

no168_crf1000_06

ハンドル切れ角は片側43°と、この種のモデルとしては恐ろしく切れる。おかげで取りまわしがしやすいほか、狭い林道などでのUターンやアクセルターンもしやすい。平均燃費は18.4km/hだった

no168_crf1000_07

【MT仕様】これだけ長いリンクを使用しているにもかかわらず、シフトフィーリングはカッチリとして良好。フットペグは小さめで、ワイドステップにすればさらに操作性が高まるだろう

no168_crf1000_08

ブレーキへと伸びるホース類をうまく取りまわすように設計されたフェンダー。破格ともいえる価格は、こういった地道なパーツ点数削減のたまものだという

SPECIFICATIONS※[ ]内はMT仕様

全長×全幅×全高
2,335×930×1,475mm
軸間距離
1,575mm
シート高
870/850mm
車両重量
242[232]kg
エンジン型式・排気量
水冷4ストロークOHC 4バルブ 並列2気筒・998cm3
最高出力
68kW(92ps)/7,500rpm
最大トルク
95N・m(9.7kgf・m)/6,000rpm
タンク容量
18L
価格
149万400円[138万2,400円](税8%込)
メーカー製品ページ

http://www.honda.co.jp/africatwin/

※記事の内容はNo.168(2016年3月24日)発売当時のものになります