HONDA CRF1100Lアフリカツインシリーズ

連載新車体感 ニューモデルインプレッション

No.
213
連載新車体感 ニューモデルインプレッション

この企画に登場しました!

眼下の景色を眺めるドライバーとホンダ CRF1100LアフリカツインアドベンチャースポーツES

21インチホイールでオフロード走行も可能なアドベンチャーツアラー・CRF1100Lアフリカツインシリーズがフルモデルチェンジ。価格はアドベンチャースポーツのDCTモデルで25万円ほどのアップだが、それに見合う進化を遂げていたのだ。

文:谷田貝洋暁/写真:関野 温

ダートも走れるアフリカツインがさらにパワーアップして登場!

スライドしているホンダ CRF1100LアフリカツインアドベンチャースポーツES

CRF1100Lアフリカツインシリーズのスタイリング&スペック

CRF1100L AFRICA TWIN ADVENTURE SPORTS/ES/DCT/〈S〉
全長×全幅×全高
2,310×960×1,520~1,580㎜
軸間距離
1,560㎜
シート高
830㎜
車両重量
238〔240〕【248〔250〕】㎏
エンジン型式・排気量
水冷4ストローク OHC 4バルブ並列2気筒・1,082㎤
最高出力
75kW(102㎰)/7,500rpm
最大トルク
105N・m (10.7kgf・m)/6,250rpm
燃料タンク容量
24ℓ
燃費(WMTC)
21.3㎞/ℓ
タイヤサイズ
F=90/90-21・R=150/70-18
価格
180万4,000〔194万7,000〕【191万4,000〔205万7,000〕】円
カラーバリエーション
パールグレアホワイト・〔ダークネスブラックメタリック〕

※〔 〕内はADVENTURE SPORTS ES、【 】内はDUAL CLUTCH TRANSMISSION

CRF1100L AFRICA TWIN/DCT/〈S〉
全長×全幅×全高
2,310×960×1,355㎜
軸間距離
1,560㎜
シート高
830㎜
車両重量
226【236】㎏
エンジン型式・排気量
水冷4ストローク OHC 4バルブ並列2気筒・1,082㎤
最高出力
75kW(102㎰)/7,500rpm
最大トルク
105N・m(10.7kgf・m)/6,250rpm
燃料タンク容量
18ℓ
燃費(WMTC)
21.3㎞/ℓ
タイヤサイズ
F=90/90-21・R=150/70-18
価格
161万7,000【172万7,000】円
カラーバリエーション
グランプリレッド

※【 】内はDUAL CLUTCH TRANSMISSION

※ CRF1100L AFRICA TWIN ADVENTURE SPORTS ESシリーズ、CRF1100L AFRICA TWINシリーズの前後サスペンションのストロークを伸ばした〈S〉は、全長が20㎜、全高とシート高が40㎜、軸間距離が17㎜長くなります。〈S〉は、受注生産になり、受注期間は〜2020年5月31日(日)。発売は2020年4月17日(金)よりホンダドリームにて

CRF1100Lアフリカツインシリーズのディテール

純正アクセサリーも充実

純正アクセサリーのパニアケースを装備したホンダ CRF1100LアフリカツインアドベンチャースポーツES DCT フロント7:3ビュー
純正アクセサリーのパニアケースを装備したホンダ CRF1100LアフリカツインアドベンチャースポーツES DCT リヤ7:3ビュー

今回の改変を語るうえで外せないのが豊富なアクセサリー群。なんとカタログのメインカットをアクセサリー装着車が飾るという、ホンダとしては異例のこだわりようだ。写真のハードタイプのパニアケースは両側10㎏、トップボックスは6㎏の積載を想定。当然ホンダクオリティの走行テストも実施。しっかり使えるアイテムとして作り上げられている。このほか、ハイウインドスクリーンや幅広のラリーステップなど、冒険心をくすぐるアイテムも多数登場。

アップルカープレイを採用

ホンダ CRF1100LアフリカツインシリーズはApple CarPlayに対応

ゴールドウイングシリーズに続きアップルカープレイを搭載。iPhoneと有線接続することで、6.5インチカラー液晶メーターに地図を表示したり、左スイッチボックスで各種機能を操作したりといったことが可能になる。またインカムからのSiri機能の使用も可能となっている。ちなみにアンドロイド携帯ではBluetooth接続による音楽操作/着信応答程度の操作は現状でも可能だが、今後はアンドロイド携帯への対応も検討中だとか。

HONDA CRF1100L Africa Twin 製品ページ

CONTACT

問い合わせ先
Hondaお客様相談センター
電話番号
0120-086819
URL
https://www.honda.co.jp/motor/

※記事の内容はNo.213(2019年12月24日)発売当時のものになります

アフリカツインシリーズの詳しいインプレッションや開発陣インタビューは本誌をチェック!

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします