HONDA CRF250RALLY

巻頭特集そうさっ今こそアドベンチャー!
夏だ! ダートだ! 温泉掘りだっ!

No.
184
巻頭特集そうさっ今こそアドベンチャー!夏だ! ダートだ! 温泉掘りだっ!

誌面を“まる読み”できます!

※公開中の誌面内容はNo.184(2017年7月24日)発売当時のものになります

インプレッションの誌面を開く
次のページ
前のページ

 

オフロードモデルのCRF250Lをベースに、ラリースタイルに仕上げられたオフロードキャラクター寄りの250㏄アドベンチャー。発売から半年が経ったが、いまだにつよい人気をほこる。

ダートを楽しみたいなら、やはり21インチホイールがいい

林道での機動力は250アドベンチャー随一!

スズキのVストローム250。カワサキのヴェルシスX250ABS、そしてこのCRF250ラリーと、国内メーカー3社から250㏄クラスのアドベンチャーがそろい踏み。乗り比べて思うのは、それぞれにやはり個性というか、得意なステージがあるということ。Vストローム250は格段の積載力と高速安定性。ヴェルシスX250ABSはロードセクションでのスポーツ性&トップスピードである。

 

では、このCRF250ラリーのストロングポイントはというと、やはりダート適性だ。純然たるオフロードマシンにはおよばないにせよ、やはりベースがオフロードバイクなだけあって、林道などのダートセクションでイキイキと走ることができるのだ。

 

理由はやはり21インチサイズの大きなホイールと最低地上高。そして余裕あるサスペンションストロークである。この3つの組み合わせで、ダート走行が本当に快適なのだ。

 

今回の旅ではキャンプ道具に温泉掘り道具と、かなりヘビーな荷物を積むことになったが、それにしたって林道走行が楽しいことには違いない。旅の後半は、かなり荒れた林道を走ることになったけど、ちょっと大柄なVストローム650XTが苦労するような場面も、CRF250ラリーなら、鼻歌混じりでクリアしていく。

 

アドベンチャーという意味合いでは、Vストローム650の方がハラハラできるからより冒険している気分は味わえるだろうけど、より深く山中に分け入りたい、先へ進みたい!と思うならCRF250ラリーの方に軍配があがるのだ。もちろんそんな素性のよさはこれから冒険してみたいというビギナーにもお勧めだ。

 

HONDA CRF250RALLYのディティール紹介

 

足つき&乗車ポジション

身長:172㎝/体重:68㎏
 荷物を搭載することでかなりリヤ下がりの姿勢になるので、ノーマルよりも足着き性はいく分よくなる。ただ走行性能を考えると、キャンプ道具を積むならプリロードをかけた方がよさそうだ

 

SPECIFICATIONS※[ ]内はタイプLD、【 】内はABS

全長×全幅×全高
2,210[2,175]×900×1,425[1,360]mm
軸間距離
1,455[1.430]mm
シート高
895[830]mm
車両重量
155[154]【157[156]】kg
エンジン型式・排気量
水冷4ストロークDOHC 4バルブ 単気筒・249cm3
最高出力
18kW(24ps)/8,500rpm
最大トルク
23N・m(2.3kgf・m)/6,750rpm
タンク容量
10L
価格
64万8,000円[64万8,000円]、【70万2,000円[70万2,000円]】
メーカー製品ページ

http://www.honda.co.jp/CRF250RALLY/

※記事の内容はNo.184(2017年7月24日)発売当時のものになります