遂に、CRF1000L AFRICA TWINの国内販売時期&価格が決定!!

かねてより注目を集めていたホンダのブランニューマシン・CRF1000L アフリカツインの国内販売時期と価格が決定した。 販売開始は2016年2月22日からで、国内へ導入されるのはABSモデルとDCTモデル(ABS標準装備)の2タイプ。ABS非搭載モデルの導入はない。なお、両モデルともに4段階(OFF・1・2・3・4)のトルクコントロールシステムを標準装備するとともに、リヤ側のABSはON・OFFの設定が可能だ。さらに、ETC車載器も標準装備されている。 販売価格はABSモデルで135万円、DCTモデルで145万8,000円だ。参考までに、この価格設定はABSモデルで、Vストローム1000 ABS(140万4,000円)よりも5万4,000円安い価格となる。 カラーリングはABSモデル&DCTモデルともに、シルバー・レッド・ホワイトの3色での展開。レッド・ホワイトはシルバーよりも販売価格が3万2,400円高く設定されている。

1988年に、ホンダのダカールラリー参戦マシン・NXR750からのフィードバックを盛り込んだ市販モデル・XRV750 アフリカツインが登場し、アドベンチャーモデルの先駆けとして注目を集めた。 そして、その名前が今回登場したCRF1000Lアフリカツインで復活したというワケだ。いつか、ダカールラリーを走ってみたいという一般ライダーの夢を叶えるべく、ハイレベルなオフロード性能が与えられていたアフリカツイン。新型のCRF1000L アフリカツインにも、これまでの伝統にならい、不整地で飛んだり跳ねたりできるオフロード性能が与えられている。 CRF1000Lアフリカツインの詳細情報や足着き、歴代アフリカツイン&ホンダのダカールマシンについては、コチラの記事で!!

 

COLOR VARIATION

 

SPECIFICATIONS

車名(通称名) CRF1000L AFRICA TWIN ABS
型式 EBL-SD04
全長×全幅×全高 2,335×930×1,475(mm)
軸間距離 1,575mm
最低地上高 250mm
シート高 870-850mm
車両重量 232[242]kg
燃料消費率 WMTCモード値 21.6km/ℓ
定地燃費値  32km/ℓ
エンジン種類 水冷4ストローク OHC4バルブ 並列2気筒
総排気量 998 cm3
内径×行程/圧縮比 92 × 75.1 (mm)/ 10
最高出力 68kW(92ps)/7,500rpm
最大トルク 95N・m(9.7kgf・m)/6,000rpm
燃料タンク容量 18ℓ
潤滑方式 セミドライサンプ
燃料供給方式 フューエルインジェクション
始動方式 セルフ式
点火方式 フルトランジスタ式
クラッチ形式 湿式多板
トランスミッション形式 常時噛合式6段[電子式6段変速]
ギヤ・レシオ 1速 2.866[2.562]
2速 1.888[1.761]
3速 1.480[1.375]
4速 1.230[1.133]
5速 1.100[0.972]
6速 0.968[0.882]
一次減速比/二次減速比 1.733[1.883]/2.625
キャスター/トレール 27°30’/113mm
タイヤサイズ 90/90-21 54H
150/70-18 70H
ブレーキ形式 Φ310mmダブルディスク&ラジアルマウント 対向4ポットキャリパー
Φ256mmシングルディスク&片押し1ピストンキャリパー
懸架方式 倒立フロントフォーク
スイングアーム,シングルリヤショック
フレーム形式 セミダブルクレードル
乗車定員(人) 2
メーカー希望小売価格 135万円[145万8,000円]

※[ ]内はDCT、レッド・ホワイトは3万2,400円高

 

ホンダお客さま相談センター

0120-086819

http://www.honda.co.jp/motor

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします