SUZUKI GSX-R1000R ABS

連載新車体感 ニューモデルインプレッション

No.
185
連載新車体感 ニューモデルインプレッション

この企画に登場しました!

GSX-Rが19年ぶりに国内発売!

ホンダのCBRに続いて、スズキのGSX-R1000R ABSもリニューアル。しかも、GSX-Rシリーズとしてはなんと19年ぶりの国内モデルとしての登場である。メーカー保証にキチンとしたパーツ供給態勢などなど、これはユーザーにとってうれしいニュースだ。

 

スーパースポーツとはいえ、荷かけフックやタンデムシートの裏側にはヘルメットホルダーを装備しているのがうれしい。国内仕様はキーシリンダーの裏側あたりにETC車載器を標準装備している

SPECIFICATIONS

全長×全幅×全高
2,075×705×1,145mm
軸間距離
1,420mm
シート高
825mm
車両重量
203kg
エンジン型式・排気量
水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒・999cm3
最高出力
145kW(197ps)/13,200rpm
最大トルク
117N・m(11.9kgf・m)/10,800rpm
タンク容量
16L
価格
204万1,200円(税8%込)
メーカー製品ページ

http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/gsxr1000rl7/top

※記事の内容はNo.185(2017年8月24日)発売当時のものになります

より詳しいインプレッションは本誌をチェック!