YAMAHA YZ450FX

連載新車体感 ニューモデルインプレッション

No.
197
連載新車体感 ニューモデルインプレッション

この企画に登場しました!

ED専用のよく動く足まわりで難所通過もラクラク!

盛り上がる国内エンデューロシーンに向けた“Xシリーズ”のトップモデル、YZ450FXがモデルチェンジ。スマートフォンで設定変更可能な出力特性のおかげで、エンデューロデビューがしやすくなった印象だ。

燃料の濃さと点火時期を調整 ─新パワーチューナー搭載─

一般的にガソリンの濃度を薄く、点火時期を早めれば、パワーとアクセルへのレスポンスがアップし、逆にすればマイルドで扱いやすいエンジンのキャラクターになる。新型のYZ450FXには、モトクロッサーのYZ450F、YZ250F同様、混合気の濃度と点火時期の変更をスマートフォンのアプリで書き換えられるようになった。アプリ内では、アクセル開度とエンジン回転数に対する設定値を3D化することで視覚的な把握が可能。コース設定や路面コンディションに合わせたセッティングデータを保存しておけば、現場での書き換えも瞬時にできる。また、デフォルトではSTDとマディ路面用の設定が車体にプリインストールされているので、まずはここから好みをセッティングを探っていくといいだろう。

 

YZ450FXのスタイリング

 

YZ450FXのディテール紹介

サイドスタンドの取り付け金具が地面に引っかかりにくい形状へと見直され、サイドスタンド自体もより軽量な形状となり、マスの集中をはかるべく跳ね上がり角度も見直された

 

ヤタガイ ヒロアキさんの投稿 2018年8月7日火曜日

SPECIFICATIONS※予約受付期間は12月9日まで

全長×全幅×全高
2,175×825×1,270(㎜)
軸間距離
1,480㎜
シート高
955㎜
車両重量
116㎏
エンジン型式・排気量
水冷4ストロークDOHC 4バルブ単気筒・449㎤
最高出力
─ 
最大トルク
─ 
燃料タンク容量
8.2ℓ
価格
105万8,400円(税8%込)

YZ450FX製品ページ

CONTACT

問い合わせ先
ヤマハ発動機カスタマーコミュニケーションセンター
電話番号
0120-090-819
URL
https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

※記事の内容はNo.197(2018年8月24日)発売当時のものになります

より詳しいインプレッションは本誌をチェック!

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします