SUZUKI GSX250R

次のページ
前のページ

ツーリングライダーにとって疲れないことは正義なのだ

GSXのフレンドリーさを実走して再確認

今回の試乗にあたっては、そんなGSX250Rの長所を味わうために、片道350㎞ほどのツーリングを行なってみたのだが、やはり前述したような、エンジン特性、安定感による走りやすさを確かめることになった。

 

今回、再認識できたのは、ツーリングユースでの非常に具合のいいポジションだ。高すぎないステップポジションは、足の曲がりが少なめなこともあり疲れにくい。セパレートハンドルながら高めに設定されたハンドルポジションは、長時間のライディングでも姿勢維持がやはりラクチン。変に腕でハンドルを突っ張るようなポジションにならず、つねに自然なフローティングマウントを維持することができた。

 

おかげで疲れにくいから走行距離が伸びる伸びる。そこでひとつの疑問が湧いた。多めの15ℓのタンクは1チャージでいったいどのくらいの距離を走ることができるのだろう?

 

GSX250Rのメーターは、瞬間燃費のほか、トリップメーターに連動した平均燃費の表示機能がある。そんな表示を見ながら、15ℓの燃料でどのくらい走れるかを走りながら計算してみる。ちなみに実走燃費は、高速道路、下道を半々で走ると29㎞/ℓぐらい。下道だけならもっと伸びるし、高速道路だけだともう少し落ちる印象だが、それでも250㏄クラスの2気筒エンジンでこれだけ走ってくれれば十分な燃費性能といえるだろう。

 

結果、280㎞ほどのところで、最初の燃料警告表示が点滅。続いて、最終通告と思われる燃料計の最後のバーが点滅し始めたところで給油してみると、なんと350㎞を超えてるじゃないか! これなら少なくとも300㎞まではガス欠を気にせず走ることができるといえそうだ。

 

疲れにくい車体に、扱いやすいエンジン特性。そしてロングディスタンスな走行を可能とするライディングポジションと燃料タンク容量。GSX250Rはツーリングの相棒として最適なことがあらためて実感できた。

 

SUZUKIのGSX250Rを高速道路でインプレッション
高速道路での車体の安定感とアップライトなポジションのおかげですこぶる快適。力まず走れるおかげで疲れない、疲れないから距離が伸ばせるというワケだ

 

GSX250Rのディテール紹介

 

GSX250Rの足つき&乗車ポジション

SUZUKIのGSX250Rの足つき状況。試乗インプレッションライダーは172cmの谷田貝 洋暁
身長172㎝/体重68㎏
アップライトなポジションのおかげで、前傾がゆるく、ヒザの曲がりが少ないことが写真からも見て取れる。シート高は790㎜で、両足のカカトがつく足つき性

SPECIFICATIONS※[]はトリトンブルーメタリックNo.2

型式
2BK-DN11A
全長×全幅×全高
2,085×740×1,110(㎜)
軸間距離
1,430㎜
シート高
790㎜
車両重量
178㎏
エンジン型式・排気量
水冷4ストロークOHC 2バルブ 並列2気筒・248㎤
最高出力
18kW(24㎰)/8,000rpm
最大トルク
22N・m(2.2kgf・m)/6,500rpm
燃料タンク容量
15ℓ
価格
52万7,040円[53万8,920円](税8%込)

GSX250R 製品ページ

次点の初心者オススメバイク

GIXXER

32万1,840円(税8%込)

ジクサーは125クラス並みのコンパクトな車体ながら、154㏄のエンジンで高速道路も走ることができる1台。「搭載するSEPエンジンは、走行性能はもちろんですが、燃費性能にもすぐれており、気軽に走る楽しみを実現できます」

GIXXER 製品ページ


V-STROM250/ABS

57万240円/60万2,640円(税8%込)

GSX250Rと同系のエンジンを搭載するVストローム250は、「アップライトなポジションでラクな姿勢で乗ることができます。また、視線を先に持っていくことができるため安心感が生まれやすく初心者にオススメです」

V-STROM250 製品ページ

CONTACT

問い合わせ先
スズキお客様相談室
電話番号
0120-402-253
URL
http://www1.suzuki.co.jp/motor/

※記事の内容はNo.200(2018年11月24日)発売当時のものになります

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします