SUZUKI GSX-S1000/F ABS

特別企画SUZUKI GSX-S1000/F ABSのトラコンがすごい!!

No.
174
特別企画SUZUKI GSX-S1000/F ABSのトラコンがすごい!!

誌面を“まる読み”できます!

※公開中の誌面内容はNo.174(2016年9月24日)発売当時のものになります

インプレッションの誌面を開く
次のページ
前のページ
no174_gsx-s1000_01

トラコンはこんなところに効く!

横断歩道の白線
no174_gsx-s1000_02

トラクションコントロールの介入が始まると、メーターパネルのインジケーターが点滅し、ライダーにトラクションコントロールの介入を知らせる

no174_gsx-s1000_03

舗装路面と横断歩道の白線はグリップの仕方がまったく違う。不用意にアクセルを開けて白線部分を踏むとズリュっと滑ることがある。その瞬間にトラクションコントロールが介入し、後輪の空転を抑えるのだ

雨+落ち葉
no174_gsx-s1000_04

濡れた路面は乾いた路面よりもはるかに滑りやすい。しかし、本当にこわいのはこの路面と落ち葉やコケといった異物との組み合わせ。落ち葉やコケが潤滑剤のような役目をはたし、想像以上に滑るのだ。ここでもトラコンが活躍する。

マンホールなどの鉄
no174_gsx-s1000_05

乾いていれば鉄もある程度のグリップはするが、ウエットコンディションでは恐ろしく滑るのがマンホールや橋脚の継ぎ目などで見かける金属部分。水の膜にタイヤが乗ってしまうため起こるが、トラコンが滑りを抑制する。

ジャリ溜り
no174_gsx-s1000_06

大型ダンプやトレーラーなどの大きな車が走る道路の交差点の中心近くには、必ずといっていいほどこぼれた積載物や路上のゴミが集まったジャリ溜りができる。ここに乗り上げれば通常なら滑ってしまうが、トラコンがあると安心感が違う。

SPECIFICATIONS※[ ]内はGSX-S1000F

全長×全幅×全高
2,115×795×1,080[2,115×795×1,180]mm
軸間距離
1,460mm
シート高
810mm
車両重量
209[214]kg
エンジン型式・排気量
水冷4ストロークDOHC 並列4気筒・998cm3
最高出力
107kW(145ps)/10,000rpm
最大トルク
106N・m(10.7kgf・m)/9,500rpm
タンク容量
17L
価格
111万5,640円[116万6,400円]
メーカー製品ページ

GSX-S1000 ABS

GSX-S1000F ABS

CONTACT

問い合わせ先
スズキお客様相談室
電話番号
0120-402-253
URL
http://www1.suzuki.co.jp/motor/

※記事の内容はNo.174(2016年9月24日)発売当時のものになります

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします