SUZUKI GSX-S750

特集ビギナービッグバイクデビュー
大型デビューにぴったり!ミドルビッグ最前線

No.
193
特集ビギナービッグバイクデビュー大型デビューにぴったり!ミドルビッグ最前線

誌面を“まる読み”できます!

※公開中の誌面内容はNo.193(2018年4月24日)発売当時のものになります

インプレッションの誌面を開く
次のページ
前のページ

文:横田和彦/写真:関野 温

この4発ならどんなフィールドでも楽しめる!

GSX-S750のスタイリング

優しい力強さがあるミドル4気筒モデル

ビッグバイクの魅力のひとつはハイパワーだ。だがハイパワーを発揮する大排気量エンジンを搭載するバイクは車体が大きく、重くなりがち。そこで注目されるのが車体サイズとパワーのバランスがよい600〜800㏄あたりの大型ミドルクラス。市街地走行からツーリングまで幅広い用途で活躍するのだ。そのため近年、多くのメーカーが力を入れているクラスだが、その中でもスズキ・GSX-S750は、ストリートスポーツ・ネイキッドとしてトップレベルの動力性能を持つ存在である。

 

搭載される水冷並列4気筒エンジンはレーシングフィールドで鍛え上げられたGSX-R750をベースに、ストリート用にチューニングされたもの。具体的には低速トルクを向上させ、加速重視のギヤ比に変更。市街地でキビキビと走れるようにすると同時に、6速ギヤはハイギヤード化してトップスピードを維持。高速道路を使ったツーリングでは燃費を抑える特性にしている。フレームはエンジンを強化メンバーとしたダイヤモンドタイプで、剛性感は申し分ない。フロントフォークは倒立タイプ、キャリパーはラジアルマウント。スイングアームも高剛性タイプ。3モード・トラクションコントロールシステムを搭載しているので、さまざまな路面状況において最適なグリップ感が得られるなど、装備のレベルもかなり高い。

 

車体デザインは小振りなフロントカウルやシャープなアンダーカウルを装備したストリートファイター系。盛り上がったガソリンタンクや、短く跳ね上がったテールカウルなどにより、GSX-Sシリーズ共通の前傾で攻撃的なスタイルになっているのだが、これがかなりカッコイイ。リッターバイクに比べるとひとまわり小振りな車体サイズなので、パワーが凝縮されたイメージなのだ。猛獣が獲物に飛び掛かる直前のシルエットと表現するのがふさわしいだろう。

 

ポジションはごく自然な前傾姿勢。リラックスしたライディングと、アグレッシブな走りを瞬時に切り換えられる自由度が高いもの。メーターはシンプルな液晶タイプ。バー式のタコメーターやデジタルスピードメーター、ギヤポジションインジケーターなどの情報は見やすく整理されている。目を引いたのは中央にGSX-Sのロゴが入ったブラックのテーパーハンドルバーとブラック処理されたトップブリッジ周辺だ。華美な装飾をせずに、コックピットまわりを精悍で硬派なイメージに仕上げていることに好感が持てる。

 

エンジンはセルボタンをワンプッシュすれば始動する。並列4気筒エンジン独特の連続した太い排気音が響く。十分に消音されているが、400㏄クラスとはまったく異なる重厚感だ。走り出しは至ってスムーズ。4気筒のなめらかなトルクフィールは低回転域でもギクシャクしにくいので、ビギナーにも扱いやすいはず。アクセル操作に対してリニアに反応するので、混みあった市街地でもストレスなく走ることができる。

 

高剛性フレームを主とした車体はスポーツモデルらしいカチッとしたフィーリング。フレームやサスペンションなど各パートが明確に役割分担しているような印象で、メリハリがある走りを実現する。その印象はコーナーリングでも変わらない。ハードブレーキングでも剛性が高いフロントまわりは荷重をしっかり受け止めてくれる。サスペンションの動きが的確に伝わってくるので挙動が感じ取りやすく、バンクのタイミングもつかみやすい。アルミむき出しのステップバーに荷重をかけるとダイレクトに反応し、寝かし込みもシャープ。ストリート向けにリセッティングされたエンジンは中回転域からの吹け上がりが爽快で、あらゆる曲率のコーナーからスムーズかつ豪快に立ち上がることができる。

 

GSX-S750の個性は並列4気筒エンジンと高剛性フレームに集約される。重量感あるエンジンを軸とした塊感ある車体を、低回転域から高回転域まで淀みなく吹け上がる並列4気筒エンジンの幅広いトルク特性を駆使して操るのだ。ライダーの意志しだいでスポーティにもなれば、適度なスピードでまったりとツーリングすることもできる。この歴史ある並列4気筒エンジンの汎用性の高さは、他のエンジンより一歩リードしている感があり、その特性をGSX-S750は存分に活かしている。細かく見ればこのクラスでは車重がある部類だとかクラッチ操作がやや重めであるなど、気になる点がなきにしもあらず。しかしGSX-S750が持つ爽快な走行フィールをスポイルするものではないことは確かだ。

 

今回の趣旨はビギナーに向けたものだが、市街地で自在に駆け抜けるGSX-S750をビギナーだけのモノにしておくのはもったいない。この走行性能は、ベテランにとっても十分満足できるものであることを体感した。幅広いスキルのライダーに並列4気筒エンジンの楽しさを伝えてくれるバイクなのだ。

 

 

滑らかな4気筒の特性は初心者にもやさしい!
スーパースポーツ用の高性能・水冷並列4気筒エンジンをストリート向けにリファイン。低中回転域からなめらかにトルクを発生させるため、非常に扱いやすい。もちろん、その気になれば高いポテンシャルを発揮させることも可能。またライダーの気持ちを高揚させる図太く連続したサウンドも魅力だ。

 

ローRPMアシストはこんな場面でも活きる!
スズキが採用しているローRPMアシストとは、エンジン回転数、ギヤポジション、アクセル開度、クラッチスイッチなどの情報を使い、発進や低回転で走行しているときのエンジン回転の落ち込みを緩和するシステム。低回転時のエンストを予防する効果がある。具体例を挙げると、低速でUターンするときにありがちな「エンスト→立ちゴケ」のようなことが起きにくくなる。ほかにも渋滞時にノロノロ走るときも役立つという、うれしいお役立ちシステムなのだ

 

次ページではGSX-S750のディティール&足つきを紹介

※記事の内容はNo.193(2018年4月24日)発売当時のものになります

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします