No.17 カウル

外装系

防風!あなたを守ります

Profile

僕がキミを守ってみせる
例えこの身体が傷つこうとも…

バイクの先頭に立ちはだかり、盾として強い風からライダーを守ってくれるカウルは、まさに騎士(ナイト)様なパーツ娘。さらに超イケメンパーツ娘でもあり、どんな外装をも着こなすことからバイク自体のイメチェンにも大きな役割をはたしている。本人は小石でついた傷をさりげなくステッカーで隠したいだけなのだが、どんなデザインでも似合ってしまうがためにどれを貼るか悩んでしまうオーナーが続出なんだとか。ときどきシートとコンビを組む。

「カウル」ってなぁに?

カウルはバイクの一部、または全体を覆うパーツ。空気抵抗を減らし、ライダーの疲労度を和らげる効果や、見た目もレーシーなものへと変化させてくれる。今でこそフルカウルは当たり前の存在になっているが、日本初のカウル装着車はホンダ・CBX400Fインテグラで、ロケットカウルがフロントに装着されたモデルだ。近年ではMotoGPマシンにはウイングレットと呼ばれるカウルがフロントに装備されるようになった。

 

“バイクを保護するカウル”を保護するパーツ?

バイク自体を保護する目的のパーツがカウルだが、そのカウルをそのまた保護するためのパーツも存在する。それがスライダーだ。万が一横転した場合に身体が挟まれにくくなるという利点もある。

スライダーのイラスト

カウルちゃんが登場する4コマ漫画が気になった方は本誌をチェック!

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします