LANDSCAPE with KATANA 〜カタナのある風景〜 EPISODE.3 ツーリング TS ver.

キャンプツーリングの帰り、行きつけになりつつあるカフェに寄ったら黒いカタナが止まっていた。発売されてさほど経っていないバイクだから、自分以外のを街中で見たのは初めて。誰だって愛車と同じバイクを見かければ、どんな人が乗っているのか気になるところ。当然ながらボクもそう。それにしても随所にエッジの効いたデザインのカタナが2台並ぶとかなりのインパクトだ。

期待と不安でちょっとドキドキしながら店内に入ると、革ジャンを肩にかけた女子が一人だけ。間違いようがない、彼女だ。でもってメチャ好みのタイプ…。大げさかもしれないけれど、このときほど、カタナに乗っていてよかったと思ったことはなかった。だって、同じバイクってだけでキッカケ作りはOKでしょ。

カフェでコーヒーを飲む女性を見て「間違いない彼女だ」と主人公が思う

「黒いカタナのオーナーさんですよね? ボクも同じ新しいカタナに乗っているんですよ」
ってなところから会話が始まり、彼女が最近バイクに乗り始めたこと、カタナが最初のバイクだってこと、そしてまだツーリングに行ったことがないことを知った。となれば、誘うしかないでしょ。とりあえず、連絡先を交換できたし…。

お互いカタナオーナーということで話も弾み「やった!キョリ縮まった」と思う主人公

お誘いのメッセージを送ったら、時間を置かずにOKの返事来た~!

ツーリングの誘いのメッセージにOKの返事を見て「よっしゃー」とガッツポーズを決める主人公

ロードバイクの楽しみ方を挙げると、サーキット走行なんかもあるけれど、もっとも気軽に楽しめるのはやっぱりツーリング。それだけに、初ツーリングで、“ツーリングってすごく楽しい!”と思ってもらうことが大事なのだ。一度楽しいと思えば、次も行きたいとなるけれど、楽しくなかったとなればどんどんバイクから遠ざかってしまうに違いない。それゆえにプランニングが重要なのだ。

 

カタナはさほど前傾しないポジションだけれど、パフォーマンス的にはベースエンジンをスーパースポーツとするスポーツテイストの強いモデル。それゆえに、彼女にもワインディングで車体を右に左にと切り返して、バイクを操る楽しさを堪能してほしい。そんな、こんなで練りに練ったプランで当日を迎えた。

「待ちました〜?」とたずねる女性に「ちょっと前に着いたとこ」と返す男性。本当は30分待ったのはナイショだ…

「このくらいのペースかな…」とKATANAで走行するペースに気を配る

まずは高速道路を使って一気に走りを楽しめるステージへ。高速走行は148psのパワフルなエンジンのおかげで、安定感のある車体と相まってラクに距離を稼いでくれる。そして、ちょっと驚いたのが、サービスエリアでの注目度の高さ。色違いの同じバイクが2台並んでいるというのもあるんだろうけれど、きっと歴代のカタナを知っているであろうオジサマたちが食い入るように見ていた。

ワインディングを楽しむ2台のカタナ

今回の走りにおけるメインディッシュには、なだらかなカーブが続いて気持ちよく走ることができるワインディングを設定した。レバーをにぎり始めたりペダルを踏み込み始めたところから効力が徐々に発生するブレーキは、その効き具合がライダーに伝わりやすいので、乗り手の技量を問わず車速をコントロールしやすい。加えてアクセルワークに対して、スムーズなレスポンスのエンジンがライダーとしての経験を積んでいないボクらでも、気持ちよくリズミカルに走らせることができるのだ。休憩したときに聞いたところ、場所によってはブレーキングせずにアクセルワークだけで走り抜けられるワインディングを、彼女も自分なりに楽しんでいたとのこと。

ツーリングの楽しみの一つといえば出先での食事。食べるからには、やっぱりおいしいモノをいただきたい。最後にタイの出汁で茶漬けを味わえるマダイ専門店のマダイ炙り丼をチョイス。けっこうな量だったのをペロリとたいらげちゃったから彼女も満足してくれたようだ。

「今日は誘ってくれてありがとう」と女性に言われ「マジ天使だわ…」と思う主人公

ワインディングを走行する2台のカタナを上空から眺める

おいしい食事でお腹を満たしたら、再びワインディングを一緒に楽しむ。

うまい人が高回転域まで使って走らせれば、簡単にヒザをするくらい車体を傾けられるだろうし、旋回スピードもかなりなの速度になるだろう。車体がそういった走りに対応できるポテンシャルを持っているのはなんとなく感じる。だけど、ボクら乗り始めてさほど経っていないビギナーは、そんな走りはしない。

とはいえ簡単にヒラリヒラリと左右に車体を切り返すことができて、十分にスポーティな走りをしていると感じさせてくれるのもカタナの魅力だと思う。

 

ワインディング走行中に曇り予報だった空から雨が降り出し、路面は完全なウエット状態に…。そんなときでもトラクションコントロールが付いているというのは心強い。セレクトできる3つのモードのなかからもっとも早くにシステムが介入してくれるモードを選ぶ。もちろん彼女のモードも確認する。その後、とおり雨的に小雨が降ったり止んだりが続いたけれど、このトラクションコントロールのおかげで、ぬれた路面にナーバスになることなく走り続けられた。実際にボクより慣れていない彼女も、雨の怖さを感じることなく走っていた。

海辺を歩く2人
アイスクリームを食べながら楽しく会話をする2人

海辺に出ると、雲の隙間から湾を挟んだ対岸の景色が見え隠れする。カラッと晴れたときもいいけれど、これはこれでいい。その後、足湯で暖をとり、ボクらが生活している都会へと戻っていく。

都会の夜景の中を走る2台のカタナ

ミラー越しに見える彼女のカタナが、都会の光に照らされ、陰影が浮かび出る姿がカッコいい。

もうちょっとで今回のツーリングも終わり。食事中の「またツーリング連れ出してくださいね!」という彼女の言葉が頭のなかで響き渡る。さ~て、次はどこに行こうかな?

主人公達の愛車『SUZUKI KATANA』

2台並んだスズキ新型カタナのブラックとシルバー

SPECIFICATIONS
全長×全幅×全高
2,130×835×1,110㎜
軸間距離
1,460㎜
シート高
825㎜
車両重量
215㎏
エンジン型式・排気量
水冷4ストローク DOHC 4バルブ 並列4気筒・998㎤
最高出力
109kW(148ps)/10,000rpm
最大トルク
107N・m(10.9kgf・m)/9,500rpm
燃料タンク容量
12ℓ
タイヤサイズ
120/70ZR17(F)・190/50ZR17(R)
価格

154万円(税10%込)

SUZUKI KATANA 製品ページ

次ページ:番外編 カタナブランドをヒモ解く

CONTACT

問い合わせ先
スズキお客様相談室
電話番号
0120-402-253
URL
http://www1.suzuki.co.jp/motor/

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします