TMAXゆずりのデザインを持った125ccスクーター・NMAXが新登場!!

2015年12月よりインドネシア市場に投入されていたNMAXが、国内市場でも2016年3月18日より販売を開始。国内モデルとして初めてのBLUE COREエンジンを搭載した125ccスクーターのNMAXは、同排気量のシグナスX SR比で3万2,400円高の34万200円に販売価格が設定されたハイクオリティなモデルだ。 最大の特徴はやはり、ヤマハの次世代小型エンジンであるBLUE COREを搭載している点だろう。このエンジンは、走りの楽しさと燃費の両立を高い次元で追求した水冷4ストローク OHC 4バルブ 124cc 単気筒という形式を採用する。最高出力は12PS/7,500rpm、最大トルクは12N・m/7,250rpmを発揮しつつも、WMTCモード値で45.2km/ℓの低燃費を実現している。これらのスペックの実現は、6,000rpmを境に吸気バルブの作動が変化するVVA(可変バルブ)機構や、アルミ製のオフセットシリンダー、ローラーロッカーアーム、バイパス式サーモスタット付きの小型ラジエターなどの採用によるものだ。  

新設計のアンダーボーンフレームは、エンジンのマウント方法をリンク式とすることで、低振動とダイレクトな操作感を追求。前後ホイールは専用開発の13インチとし、フロント&リヤにΦ230mmのシングルディスクブレーキを組み合わせる。また、ABSも標準装備だ。 特徴的なフロントフェイスを構築するヘッドライトには、LEDを採用。同様に、テールランプにもLEDを採用している。シート下トランクは24ℓの容量を確保するとともに、フロントポケットは500㎖のペットボトル1本が収納できるほどの大きさだ。 ちなみに海外市場ではTMAXに加えて、XMAXシリーズ(400cc・250cc・125cc)が展開されていて、NMAXではそれらのDNAを受け継いだデザインを採用しているのだ。

※部分&走りカットはEU仕様の画像

 

COLOR VARIATION

 

TMAX&XMAXと見比べてみると

ヘッドライトやウインカーの造形にTMAXの面影を見ることができる。TMAX&XMAXとは違い、ショートタイプのスクリーンを採用することでスポーティさを強調するなど、NMAXはあくまでもTMAX&XMAXのDNAを受け継いだブランニューモデルであるのだ。

 

  https://www.youtube.com/watch?v=hMVLmnh8EZY

 

 

SPECIFICATIONS

車名(通称名) NMAX
型式 EBJ-SE86J
全長×全幅×全高 1,955×740×1,115(mm)
軸間距離 1,350mm
最低地上高 135mm
シート高 765mm
車両重量 127kg
燃料消費率 WMTCモード値 50.5km/ℓ
定地燃費値 45.2km/ℓ
エンジン種類 水冷4ストローク OHC 4バルブ単気筒
総排気量 124 cm3
内径×行程/圧縮比 52 × 58.7 (mm)/ 11.2
最高出力 9kW(12ps)/7,500rpm
最大トルク 12N・m(1.2kgf・m)/7,250rpm
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量 6.6ℓ
エンジンオイル容量 1ℓ
潤滑方式 ウェットサンプ
燃料供給方式 フューエルインジェクション
始動方式 セルフ式
点火方式 TCI(トランジスタ式)
クラッチ形式 乾式, 遠心, シュー
トランスミッション形式 V ベルト式無段変速/オートマチック
ギヤ・レシオ 2.326~0.731
一次減速比/二次減速比 1.000/ 10.208
キャスター/トレール 26°00′/92mm
タイヤサイズ 110/70-13M/C 48P
130/70-13 M/C 57P
ブレーキ形式 Φ230mmシングルディスク
Φ230mmシングルディスク
懸架方式 正立フロントフォーク
ユニットスイング式
フレーム形式 アンダーボーン
乗車定員(人) 2
メーカー希望小売価格 34万200円

 

ヤマハ発動機お客さま相談室

0120-090-819

http://www.yamaha-motor.co.jp/mc

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします