Z900RS CAFEが2018年3月1日より国内販売開始!クラシカルな雰囲気が魅力のカフェレーサー

 

Z900RSベースのカフェレーサーモデル・Z900RSカフェが、2018年3月1日より国内販売をスタート。

販売価格はベースモデルとなるZ900RS(ブラックカラー)比で5万4,000円高の135万円だ。

 

車体色はライムグリーンとグレーの2色をラインナップ。基本的にはライムグリーンとグレーともに同様のグラフィックとなるが、ライムグリーンのみビキニカウルにホワイトのラインが入る。

 

 

エンジン&シャシーなどの基本的なパッケージングはZ900RSを踏襲しつつ、カフェレーサースタイルのビキニカウルや段付きシート、ブラック塗装仕上げの低めのドロップハンドル、ショートステーのミラーなどを採用することで、レトロかつスポーティなスタイリングを追求。

 

なお、これらの変更によりシート高はZ900RS比で20mmアップの820mmに、車両重量はZ900RS比で2kg増の217kgになっている。

 

 

その他にもZ900RSカフェの専用装備として、エンジンカバー左右の“DOHC”ロゴ入りの専用エンブレム、ヘアライン仕上げのサイレンサー・マフラーボディカバー・エキゾーストパイプカバーなども採用。

 

細かな点ではインジェクションカバー・シリンダーヘッドカバー・ラジエター・フロントフォークガードなどがブラックアウトされるとともに、リヤショックのスプリングはホワイトカラーに変更されている。

 

 

公式動画

 

COLOR VARIATION

 

SPECIFICATIONS

車名(通称名) Z900RS CAFE
型式 2BL-ZR900C
全長×全幅×全高 2,100×845×1,190 (mm)
軸間距離 1,470mm
最低地上高 130mm
シート高 820mm
車両重量 217kg
燃料消費率 WMTCモード値 20km/ℓ
定地燃費値 28.5km/ℓ
エンジン種類 水冷4ストローク DOHC 4バルブ 並列4気筒
総排気量 948cm3
内径×行程/圧縮比 73.4×56 (mm)/ 10.8
最高出力 82kW(111ps)/ 8,500rpm
最大トルク 98N・m(10kgf・m)/ 6,500rpm
燃料タンク容量 17ℓ
エンジンオイル容量 4.2ℓ
潤滑方式 ウェットサンプ
燃料供給方式 フューエルインジェクション
始動方式 セルフ式
点火方式 バッテリ&コイル(トランジスタ点火)
クラッチ形式 湿式多板
トランスミッション形式 常時噛合式6段
ギヤ・レシオ 1速 2.916
2速 2.058
3速 1.650
4速 1.409
5速 1.222
6速 0.966
一次減速比/二次減速比 1.627/2.800
キャスター/トレール 25°/98mm
タイヤサイズ 120/70 ZR17M/C 58W
180/55 ZR17M/C 73W
ブレーキ形式 φ300mmダブルディスク&ラジアルマウント対向4ポットキャリパー
φ250mmシングルディスク&片押し1ポットキャリパー
懸架方式 インナーチューブ径φ41mm倒立フロントフォーク
スイングアーム,シングルショック
フレーム形式 トレリス
乗車定員(人) 2
メーカー希望小売価格 135万円

 

ヒラオ

written by

ヒラオ

イイものはイイ、ダメなものはダメと素直に言いたいだけなのに、基本否定や悪口から入ると周囲から言われる1992年生まれ。バイクだけに限らず、乗り物なら基本的に何でも好きだけど、シンプルな乗り味で自分が操っている感を楽しめるものが好み。