INTERMOT2018 MOTO GUZZI・APRILIAからもニューモデルが発表に!注目はアドベンチャーモデル・V85TT

 

2018年10月2日から開催されているインターモト2018では、海外メーカーからも注目モデルが多数ラインナップされている。トライアンフ・BMW・KTMドゥカティ・インディアンモーターサイクルの車両はすでに紹介済み。

そこで、今回はモト・グッツイとアプリリアから発表されたニューモデルを紹介するぞ。

MOTO GUZZIからは2台のニューモデルが登場!

モト・グッツイからはアドベンチャーモデルのV85 TTとV9ボバースポーツの2台が発表された。

いずれもニューモデルとなり、モト・グッツイらしさを残しつつも新たな風を感じる仕上がりだ。

V85 TT

 

モト・グッツイらしさを残したアドベンチャーモデル・V85 TTが発表された。

新設計の鋼管フレーム&アルミ製の片持ちスイングアームやアップタイプのマフラー、アンダーガードなどを標準装備することで、オフロードでの性能を追求。

 

 

80psを発揮する850ccの空冷 横置き2気筒エンジン&シャフトドライブという組み合わせはモト・グッツイの伝統にならったモノ。

そういった伝統を受け継ぎつつ、LEDヘッドライトやカラー液晶メーターといった先進装備も盛り込まれている。

 

 

ちなみに、この奇抜ともとれるイエロー・レッド・ホワイトのカラーリングは1980年代にバリダカに参戦していたV65Baja/V75Bajaのカラーリングをモチーフにしたモノだ。

 

同時にオプション装着車も発表された。トップ&サイドケースを装着すれば、アドベンチャー気分も必然高まる

V9 BOBBER SUPORT

 

2016年に登場したV9ボバーをベースにフラットトラックレーサーのテイストを盛り込み、スポーティなルックスに仕上げられたV9ボバー スポーツ。

55psを発揮する853ccの空冷4ストローク OHV 2バルブエンジンや前後16インチホイールを採用するシャシーなどはベースモデルのV9ボバーを踏襲。

 

そこへ、シングルシートカウルやオーリンズ製リヤショック、ショートフロントフェンダー、メーターバイザー、フォークカバーなどを標準装備することで、スポーティなルックスに仕上げられている。

また、ハンドル&ステップ位置も変更されており、ライディングポジションもよりスポーティな設定となっている。

V9ボバーと見比べてみると

 

APRILIAからは3台のニューモデルが発表に!

アプリリアからは3台のニューモデルが発表された。RSV4 RRはカラーチェンジのみにとどまるが、シヴァ900は排気量を拡大したニューモデル。

さらに、国内にも導入されているトゥオーノ V4 1100 ファクトリーには新たにオーリンズ製の電子制御サスペンションを新たに採用している。

 

RSV4 RR

 

2019年モデルでの変更点はカラーチェンジのみにとどまるRSV4 RR。2019年モデルでは、マットブラックのカラーリングにレッドのホイールが組み合わせられたスポーティなカラーリングに仕上げられている。

 

SHIVER900

 

シヴァ750の750ccから排気量を拡大し、896ccに生まれ変わったシヴァ900。

ボア×ストロークの設定をシヴァ750の92×56.4(mm)から、92×67.4(mm)にストロークアップすることで排気量を拡大。

これにより95psという最高出力こそ大きな変化はないものの、トルクが大幅にアップ。従来モデル比で約10N・mアップの90N・m(9.1kgf・m)/6,500rpmを発揮している。

フロントフォークにはKYB製のインナーチューブ径φ41mm倒立タイプを採用。ホイールベースは1,465mmから1,440mmにロング化されるとともに、キャスター角も25.7°から25.9°に変更されている。

基本的なデザインはシヴァ750を踏襲しているものの、ホイールデザインは10本スポークのデザインから3本スポークの軽量タイプにリニューアルを受けている。

 

TUONO V4 1100 FACTORY

 

2019年モデルのトゥオーノV4 1100 ファクトリーでは、RSV4 譲りのオーリンズ製電子制御サスペンションを新たに採用。

セミアクティブモードとマニュアルモードの2種類から選択でき、セミアクティブモードではトラック・スポーツ・ロードの3つのライディングモードに合わせて、車両から専用ECUにリアルタイムでデータが送信・処理するスマートEC 2.0システムによって秒単位で油圧管理が行なわれる。

 

 

INTERMOT2018 TRIUMPH・BMW・KTMなどの海外メーカーからもニューモデルが続々発表!

 

INTERMOT2018 DUCATI・INDIAN Motorcycle 新型スクランブラーやトラックレーサー由来のニューモデルが発表に!

ヒラオ

written by

ヒラオ

イイものはイイ、ダメなものはダメと素直に言いたいだけなのに、基本否定や悪口から入ると周囲から言われる1992年生まれ。バイクだけに限らず、乗り物なら基本的に何でも好きだけど、シンプルな乗り味で自分が操っている感を楽しめるものが好み。

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします