排気量を拡大したDUCATI MULTISTRADA1260シリーズにエンデューロモデルが登場!

 

先に販売を開始していたムルティストラーダ1260同様の1,262cc 水冷L型2気筒エンジンを搭載するムルティストラーダ1260 エンデューロが2018年10月に発表された。

 

 

先代モデルのムルティストラーダ1200エンデューロは、ムルティストラーダシリーズのオフロード性能を高め、アドベンチャー指向を強めたモデルで2016年に登場した。本格的なオフロード走行を念頭に開発されたというムルティストラーダ1200エンデューロでは、フロントのホイールサイズを19インチにアップしたうえで、スポークホイールを採用。サスペンションはザックス製のセミアクティブ電子制御タイプを前後に装備し、前後のホイールトラベルを通常モデルよりも30mmアップした200mmとしている。

また、燃料タンクを通常モデル比で10ℓアップの30ℓに容量アップするなど、オフロードとツーリング性能の強化が図られたモデルであった。

 

 

今回新たに登場したムルティストラーダ1260エンデューロでは、そうしたムルティストラーダ1200の特徴はそのままに、シート・ハンドルバー・重心をすべて1200エンデューロよりも低い位置に設定するとともに、セミアクティブの電子制御サスペンションも新しいセットアップを採用。

これらの変更により、シート高は10mmダウンの860mm(ローシート840mm)になるとともに、前後のホイールトラベル量も200mmから185mmへと変更を受けている。

また、シフトアップ・ダウンに対応するクイックシフターも標準装備となるなど、さらなる進化を遂げた。

 

 

国内への導入時期は未定とのことだが、ムルティストラーダ1200エンデューロシリーズ同様、その登場を楽しみに待ちたいモデルだ。

 

COLOR VARIATION

ベースモデルのムルティストラーダ1260のインプレはコチラ!

DUCATI MULTISTRADA 1260/S

SPECIFICATIONS

車名(通称名) MULTISTRADA1260 ENDURO
軸間距離 1,592mm
シート高 860mm
車両重量 254kg
エンジン種類 水冷4ストローク 4バルブL型2気筒
総排気量 1,262cm3
内径×行程/圧縮比 106×71.5(mm)/12.5
最高出力 116.4kW(158PS)/9,500rpm
最大トルク 128N・m(13kgf・m)/7,500rpm
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量 30ℓ
燃料供給方式 フューエルインジェクション
始動方式 セルフ式
クラッチ形式 湿式多板
トランスミッション形式 常時噛合式6段
ギヤ・レシオ 1速 2.714
2速 1.765
3速 1..350
4速 1.091
5速 0.958
6速 0.880
一次減速比/二次減速比 1.84/2.866
キャスター/トレール 25°/112mm
タイヤサイズ 120/70 R19
170/60 R17
ブレーキ形式 Φ320mmダブルディスク&ラジアルマウント 対向4ポットキャリパー
Φ265mmシングルディスク&片押し2ポットキャリパー
懸架方式 インナーチューブ径Φ48mm ザックス製倒立フロントフォーク
アルミ製スイングアーム,ザックス製リヤショック
フレーム形式 スチール鋼管パイプトレリスフレーム
乗車定員(人) 2

※スペックはMULTISTRADA1260 ENDURO 本国仕様

CONTACT

問い合わせ先
ドゥカティジャパン
電話番号
0120-030-292
URL
http://www.ducati.co.jp

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします