2020年にも発売予定!SHOEIのスマートヘルメットを東京モーターサイクルショーで体験してきたぞ!

 

東京モーターサイクルショー2019で展示されている、ヘルメットメー カー・SHOEIと自動車表示機器を扱うNSウエストが開発したスマートヘルメットの 試作品を体験してきたぞ!
スマートヘルメットとは、眼の前に走行時の情報を映し出すことで、前方を確認しながら各種情報が見られるという画期的な一品。海外メーカーからも既に類似品が開発されているけど、今回は国内ヘルメットメーカー製作、かつ市販予定モデルということで、心を躍らせて臨ませてもらった。

 

SHOEとNSウエストが共同開発中のスマートヘルメット試作品
これがSHOEとNSウエストが共同開発中のスマートヘルメット試作品。東京モーターサイクルショー会場で実際に試すことができる

体験会は固定された車両にまたがり、前方に走行映像を流すと いうバーチャル走行シミュレーションとなっていた。ヘルメッ トを被ると、何やら右目の前に小型の透明なディスプレイ が!

ヘルメットと接続されたバッテリーを上腕に取り付けて 電源を入れると、そのディスプレイに文字が浮かび上がったぞ! …といっても、装着者にしか見えないから写真ではわからないけどね(笑)

 

 

映像はナビゲーションシステムと連動するようで、次の右左折地点やジャンクションまでの距離と、その地点で進む方向が矢印で表されていた。文字は主張しすぎない大きさだったので、視界の邪魔にはならなかった印象だ。また、電話がかかってきたときはそれを知らせる通話マークのようなものも表示されたぞ。
ヘルメットの位置が少しでもズレると、ディスプレイと目の角度も変ってしまうため映像が見えなくなってしまうのが気になったけど、今回はあくまでも複数の方へ向けた体験会。用意されたヘルメットは大きめのものだったので、仕方がないことだろう。本来はちゃんと個人個人でフィッティングしてディスプレイがセットされるようだ。

 

右目のディスプレイにヘルメット内部(口の前)にある装置からナビゲーションなどの情報が投影される仕組みのようだ

 

このスマートヘルメットの発売は来年を予定していて、開発はまだまだ途中段階。個人的には”速度計も出たら…”と思ったの だけど、GPSと連動させるなどしても、実際の速度とはどうしても誤差が出てしまうそうで、難航しているとか。でも、何か打開策が見つかるといいな! ちなみにこのヘルメットは既存のモデルに小型のディスプレイ を付けたモノではなく、帽体を新しくデザインしたブランニューモデルとのこと。持った感じは普通のフルフェイスヘルメットと同じような大きさ・重量で、開発途中という割にはすごい作り込みだった。

 

 

お話を伺ったメーカースタッフさんも”まだまだこれからですね”と仰っていたけれど、SF映画のような光景をこの目で味わえて、未来のモーターサイクルの片鱗を味わえたと思った次第。感動である。

お値段は12万円〜15万円を想定しているとのことだ。そりゃあ、普通のヘルメットと比べたら割高感はあるけれど、ぜひ会場で体験してみてほしい。来年に向けて貯金したくなるかも!?

 

CONTACT

問い合わせ先
SHOEI
電話番号
03-5688-5180
URL
http://jp.shoei.com
キムロウ

written by

キムロウ

バイク歴3年。愛車はトライアンフ・ロケットⅢ ロードスター。 トラスフレームを見たらとりあえず「バンディット!」とか言っとく、バイクの技術・知識ともにテキトーなテキトー人間。“修行”と聞くと不思議とやる気が出てくるジャンルに属しており、現在編集部にてバイク修行中。暇があると隣駅まで散歩したり、道着を着てバイクに乗ったりして、ほっとくとテキトーな場所で寝たりテキトーに刀を振り回し始める23歳。ネクタイと、JUJUと中島みゆき、あと“黒”が好き。べつに心は黒くない。

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします