HONDA CBR150R

連載新車体感 ニューモデルインプレッション

No.
175
連載新車体感 ニューモデルインプレッション

企画を“まる読み”できます!

※公開中の誌面内容はNo.175(2016年10月24日)発売当時のものになります

インプレッションの誌面を開く
次のページ
前のページ
no175_cbr150r_01

チープさを感じさせない本格的な作り込みが“◎”

no175_cbr150r_02

メーターはフルデジタル表示で、スピード・タコメーターだけでなく、時計や燃料計も装備される。また何速で走っているのかがわかるギヤポジションもあるのがうれしい

no175_cbr150r_03

セパレートハンドルだが、高めにセットされているので長距離も快適にこなせるだろう。タンクキャップはヒンジ式なので、給油時にキャップの置き場を心配しなくて済む

no175_cbr150r_04

スクーターでよく見られるキーシャッターが設けられている。キーボックス左下のノブを下におろすとメインキーを差す部分が隠れる。盗難防止に効果を発揮するだろう

no175_cbr150r_05

フロントブレーキはシングルディスク+片押し2ポットキャリパーとなる。車体が軽いので十分な制動力を発揮。ヘッドライトやウインカーの灯火類はLEDとなる

no175_cbr150r_06

新型のCBR250RR同様、複雑な形状のカウルを採用するCBR150R。これだけでも所有感は高い。ブラウンのエンジンカバーもいいアクセントになっている

no175_cbr150r_07

ステップバーはラバータイプとなり、しっかりとしたヒールガードが組み合わされる。タンデムステップは別体式だ。なおミッションは本格的な6速が採用されている

no175_cbr150r_08

リヤショックはプログレッシブ効果を持たせるためにリンクを介して装着されている。このおかげか高負荷のかかるサーキット走行も、気持ちよくこなすことができた

no175_cbr150r_09

リヤキャリパーは片押し1ポットだが、車重が軽いので十分な効きとコントロール性だ。タイヤサイズはフロントが100/80-17で、リヤが130/70-17を採用する

SPECIFICATIONS

全長×全幅×全高
1,983×694×1,038mm
軸間距離
1,311mm
シート高
787mm
車両重量
135kg
エンジン型式・排気量
水冷4ストロークDOHC4バルブ並列2気筒・149cm3
最高出力
12.6kW(17.1ps)/9,000rpm
最大トルク
13.7N・m(1.39kgf・m)/7,000rpm
タンク容量
12L
価格
43万920 円(税8%込み)
メーカー製品ページ

http://www.honda2wheelersindia.com/cbr150r/

※記事の内容はNo.175(2016年10月24日)発売当時のものになります