HONDA X-ADV

連載新車体感 ニューモデルインプレッション

No.
182
連載新車体感 ニューモデルインプレッション

この企画に登場しました!

リヤの滑りを楽しむAT、コイツは未体験の乗り物だ

クルマの世界では、世界的にSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)というジャンルのマシンが流行っているらしい。直訳すれば“スポーツ用多目的車両”。さてさてバイク版SUVを標榜するX-ADVの実力とはいかに?

クルマで大流行りのSUVスタイルを意識したというフロントフェイス。デザイナーは、なんとアドベンチャーモデルのCRF1000Lアフリカツインも手がけた人なんだとか

スクリーンは手動で5段階で135mmまで上げられる。ハンドル切れ角を確保するためスクリーンは細身だが、高速道路ではその分頭部への避風性のアップを体感できる

フロントタイヤは17インチでリヤが15インチのチューブレスタイヤを採用。フロントフォークはφ41の倒立フォークに、サビに強いステンレスのスポークをセット

アフリカツインと同形状のハンドルバー+ガードとタフな装備に、キーレスエントリーやグリップヒーターといった便利な機能を追加。ツーリングから街乗りまでなんでも使えそうだ

シート下の容量は21リットルを確保し、アドベンチャールックなヘルメットもバイザーを曲げてなんとか収納可能。前に見えるのは容量13リットルの燃料タンクでレギュラー指定

メーター、インジケーター、イグニッションまわりとインターフェースを縦型に配置した未来感あふれるコックピット。シート、フューエルリッドもボタンひとつで解錠やオープンが可能

これがウワサの社外品のオフロード用の可倒式ワイドステップ。ブーツへの食いつきもよさそうだし、重心位置的にもさらなるスライドコントロールができそうだ

SPECIFICATIONS

全長×全幅×全高
2,230×910×1,345mm
軸間距離
1,580mm
シート高
790mm
車両重量
238kg
エンジン型式・排気量
水冷4ストロークOHC 4バルブ 並列2気筒・745cm3
最高出力
40kW(54ps)/6,250rpm
最大トルク
68N・m(6.9kgf・m)/4,750rpm
タンク容量
13L
価格
デジタルシルバーメタリック:120万9,600円
ヴィクトリーレッド:124万2,000円
メーカー製品ページ

http://www.honda.co.jp/X-ADV/

※記事の内容はNo.182(2017年5月24日)発売当時のものになります

より詳しいインプレッションは本誌をチェック!