それではみなさんよいお年を!

それではみなさんよいお年を!

早いもので、今年のこのコラムのコーナーもぼくで最後。本当はタローのはずだったけど、締め切りのバタバタでスイッチしてもらったので僕が今年最後のコラムになります。

ということで、一年を振り返る。いやぁ、アベノミクスだオリンピックだと、景気回復のために国のお偉いさん方が忙しく動き回っていたようですが、イマイチ、経済ヒエラルキーの下の方にいる僕には景気回復を実感できる場面が少なかった。だけど、今年の秋ぐらいからなんとなくこのバイク業界にも景気回復の兆しが見えて来たと感じるようになったんだよねぇ。やっとバイクが売れて、開発の余裕とかが出て来たんだろうね、単純にニューモデルの数が多い(笑)。モーターショーで市販予定車や、市販化前提のコンセプトモデルの多かったこと、多かったこと。海外勢も元気だしね、ずいぶん楽しくなってきた。それに既存のモデルチェンジにしても、定番色である白、黒モノトーンの他に、遊び心の入った華やかな色が加わったりして見た目にも明るい。景気回復を肌身で感じるのはどちらかというと、こっちかな。地味な変更だけど、それだけ実感が強い。これなら来年の誌面は、よりにぎやかしい誌面が作れそうでなにより、なにより。やっぱり定番の白黒もいいけど、せめて雑誌のなかぐらい華やかにいきたいものじゃない? ということで、来年もタンスタをよろしくお願いします。

それではみなさまよいお年を!

それではみなさんよいお年を!

やたぐわぁのプロフィール

「なるようになるさ」と万事、右から左へと受け流し、悠々自適、お気楽な人生を願うも、世の中はそう甘くない。実際は来る者は拒めず、去る者は追えずの消極的野心家。何事にも楽しみを見いだせるのがウリ(長所なのか? コレ)だが、そのわりに慌てていることが多い。自分自身が怒ることに一番嫌悪感を感じ、人生の大半を笑って過ごすことに成功している、迷える43歳。

このコラムにあなたのコメントをどうぞ