GSX-S125 ABSと本格派 原付2種スポーツモデルのRC125、RS4 125の3台をスペックで比較!

 

国内メーカーの原付2種MTモデルというと、グロムやZ125プロがパッと思い浮かぶけれど、GSX-S125 ABSはそれらのファンモデルとは違いスポーツ路線。

というけで、GSX-S125 ABSのライバルは外車勢の本格125cc スポーツモデルたち。そこで、外車勢を代表してKTMのRC125とアプリリアのRS4 125の2台とスペックを比較してみたぞ。

 

RC125とRS4 125との比較

エンジン

いずれのモデルも水冷エンジンを採用。1万回転近く回して、約15PSの最高出力を発揮する高回転型のエンジンに仕上げられている。

注目はボア×ストロークの設定で、一般的にボアが大きくストロークが短い方が高回転重視のエンジンといわれるが、GSX-S125 ABSのエンジンがもっともショートストロークなのだ。

 

車名 GSX-S125 ABS RC125 RS4 125
エンジン形式  水冷4ストローク DOHC 4バルブ 単気筒 水冷4ストローク DOHC 4バルブ 単気筒 水冷4ストローク DOHC 4バルブ 単気筒
排気量(cc) 124 124.7 124
内径×行程(mm)/圧縮比 62×41.2/11 58×47.2 58×47/12
最高出力 11kW(15ps)/10,000rpm 11kW(15PS)/9,500rpm 11kW(15ps)/10,500rpm

 

サイズ

 

 

車体サイズはほぼ同じくらいといえる3台。ホイールベースは1,300mmとGSX-S125 ABSがもっとも短い設定で、車両重量もRC125とRS4 125よりも10kg以上軽量に仕上げられている。

 

車名 GSX-S125 ABS RC125 RS4 125
全長×全幅×全高(mm) 2,000×745×1,035 -×-×- 1,968×760×1,135
軸間距離(mm) 1,300 1,340±15 1,353
車両重量(kg) 133 135(乾燥重量) 145

 

足まわり

 

大型バイク並みの大径倒立フロントフォークや豪華なブレーキシステムを採用するRC125とRS4 125。一方のGSX-S125 ABSは正立フォークに必要十分なブレーキシステムを採用する。

 

車名 GSX-S125 ABS RC125 RS4 125
タイヤサイズ フロント 90/80-17 110/70-17 100/80-17
リヤ 130/70-17 110/70-17 130/70-17
懸架方式 フロント インナーチューブ径φ31mm 正立フロントフォーク インナーチューブ径φ43mm WP製倒立フロントフォーク インナーチューブ径Φ41mm 倒立フロントフォーク
リヤ スイングアーム,シングルショック スイングアーム,シングルショック スイングアーム,シングルショック
ブレーキ形式 フロント φ290mmシングルディスク&片押し2ポットキャリパー φ300mmシングルディスク&ラジアルマウント対向4ポットキャリパー Φ300mmシングルディスク&対向4ポットキャリパー
リヤ φ187mm シングルディスク&片押し1ポットキャリパー φ230mmシングルディスク&片押し1ポットキャリパー  Φ218mmシングルディスク&片押し1ピストンキャリパー

 

その他

 

足まわりやブレーキシステムの豪華さでは外車勢に見劣りするGSX-S125 ABSだが、注目したいのはその価格差。なんと20万円ほどRC125とRS4 125よりも安いのだ。

若者にも手の届く価格設定で、本格的なスポーツバイクを、というスズキの思いが感じられる。

 

車名 GSX-S125 ABS RC125 RS4 125
シート高(mm) 785 820 820
タンク容量(ℓ) 11 10 14.5
価格 35万4,240円 53万円 53万8,000円

 

[GSX-S125 ABS][GROM][Z125 PRO]の比較はコチラの記事で