SUZUKI SV650X ABS

連載新車体感 ニューモデルインプレッション

No.
192
連載新車体感 ニューモデルインプレッション

誌面を“まる読み”できます!

※公開中の誌面内容はNo.192(2018年3月24日)発売当時のものになります

インプレッションの誌面を開く
次のページ
前のページ

 

カフェレーサーをイメージした、SV650の外装変更モデル・SV650X。中身は据え置きだが、新たなライディングポジションは従来にはない快感を味わわせてくれた。

文:木村 峻佑/写真:関野 温

レーシーなカフェスタイルとVツインの扱いやすさが絶妙!

“X”でカフェスタイルへ!

万人向けのコンセプトから、少々ヤンチャしたい人にうれしい性格に。ちなみにハンドルをまっ直ぐにすると、サイドパネルとカウルのラインが一直線となりロケットカウルが現れる。スズキらしい遊び心あるデザインだ。

ポジションがこんなに変わった!

 

SV650X ABSのスタイリング

 

変わったのは見た目だけ…ではなさそうだ

SV650といえば、大型二輪に分類されながら軽量な車体、扱いやすいエンジン、シンプルな乗車姿勢と虚飾のないデザインで、大型二輪初心者でも操る楽しみが味わえる“入門用”というイメージを抱いていた。ちょっとうがった言い方をすると、“優等生”って感じだ。

 

それがどうだろう、この変わりようは。“えっあの真面目だったあの子が…!?”といった具合に、ちょっぴりワルな印象にイメチェンして現れたのがSV650Xだ。SV650との違いは外装だけで内部は据え置きとなっており、その外装も、ヘッドライトカウルを装着、シートをタックロールに、セパレートハンドル化してサイドパネルを少々追加するのみ…と列挙してみると変更点は少なく見えるが、一目見たときの印象は優等生とは180度違う、ワイルドな風格漂うものへと変貌している。

 

またがってみると、思った以上に前傾姿勢になることに驚く。最近よく見るアップライト気味にセットされたセパレートハンドルではなく、本気で攻めたい気持ちにさせてくれる低めのセパレートハンドルだ。シート高はSV650比で5㎜アップしたけれど、この時点で感じた変化はそれぐらい。アイドリング時のエンジン音・鼓動も、従来と変わらない印象だった。

 

“ま、中身は同じだしね”なんてアクセルを回した瞬間、「あれ!?」と声を漏らす。1速からグッと押し出される感覚が、SV650で感じたものよりどこか力強く感じたのだ。“気のせいか”と思ったが、速度を上げていくと“やっぱり違う”という確信を得た。

 

ムダを廃した車体ならではの軽やかな切り返し、Vツイン特有のアクセルに対しスパッと応答してくれるエンジンレスポンス。緩急強弱自由自在なこの一面は前も同じだった…ハズなのに、その恩恵がより強烈に感じられ、操作が楽しく感じられるのだ。この要因はやはりポジションの変更にあるのだろう。前傾姿勢になったぶん車体との一体感が生まれ、その加速感をより肌で感じることができるのだ。ゆえに、同じ性能でも体感できる感覚が違う。同じトルクにせよ、より鋭く、力強く感じるのだ。

 

もちろんそのぶん走行時の疲労も大きくなったけれど、それに見合うだけの快感をしっかりと提供してくれた。丸く収まっていたベースモデルに比べ、より尖った性格に変化したといえるだろう。本車はSV650に新しい楽しみ方を加えた、まさにeXtraな1台なのである。

 

SV650X ABSのディティール紹介

エンストしにくい? ローRPMアシストとは

SV650に装備されていたエンスト防止機能ももちろん継承。クラッチがつながってエンジン回転数が下がるエンストしやすい瞬間に、回転数をわざと高くしてエンストしにくくしてくれる。低回転域でエンストを起こしやすいVツインエンジンにとってはかなり助かる機能だ。見た目こそ攻めるイメージになるが、中身はこのように親切設計。初心者でも安心して乗ることができるだろう。

 

SV650X ABSの足つき&乗車ポジション

ライダー:身長165㎝/体重54㎏
前傾姿勢にこそなるものの、SV650で実現していた良好な足着き性はしっかりと受け継いでいる。5㎜高くなったシート高の影響はほぼないと感じられた

 

SPECIFICATIONS

全長×全幅×全高
2,140×730×1,090㎜
軸間距離
1,450㎜
シート高
790㎜
車両重量
197㎏
エンジン型式・排気量
水冷4ストロークDOHC 4バルブ V型2気筒・645㎤
最高出力
56kW(76.1㎰)/8,500rpm
最大トルク
64N・m(6.5kgf・m)/8,100rpm
燃料タンク容量
14ℓ
燃費(WMTC)
26.6㎞/ℓ
価格
78万1,920円(税8%込)

SV650X ABS製品ページ

CONTACT

問い合わせ先
スズキお客様相談室
電話番号
0120-402-253
URL
http://www1.suzuki.co.jp/motor/

※記事の内容はNo.192(2018年3月24日)発売当時のものになります

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします