ROYAL ENFIELD Classic 500

連載新車体感 ニューモデルインプレッション

No.
226
連載新車体感 ニューモデルインプレッション

この企画に登場しました!

ROYAL ENFIELD Classic 500 走行

旧車のデザインを現代の技術で蘇らせた“クラシックテイスト”が流行っているが、本物のクラシックバイクを味わいたいなら、ロイヤルエンフィールドのマシンがピッタリだ。こいつには本物のクラシックテイストが今なお残っている。

文:谷田貝洋暁/写真:南 孝幸

強烈な鼓動感の味わいは唯一無二

ROYAL ENFIELD Classic 500のスタイリング

 

ROYAL ENFIELD Classic 500のディテール

 

ROYAL ENFIELD Classic 500のスペック

全長×全幅×全高
2,140×800×1,080(㎜)
軸間距離
-㎜
シート高
805㎜
車両重量
195㎏
エンジン型式・排気量
空冷4ストローク単気筒・499㎤
最高出力
20.3kW(27.6㎰)/5,250rpm
最大トルク
41.3N・m(4.2kgf・m)/4,000rpm
燃料タンク容量
13.5ℓ
燃費
-㎞/ℓ
タイヤサイズ
F=90/90-19・R=110/80-18
価格(税込)
77万3,000円(ブラック・グラファイト・グリーン)、71万8,000円(アーミーバトルグリーン・デザートストーム×ベージュ・スコードロンブルー・ガングレー・ステルスブラック)、71万3,000円(レディッチレッド)
カラーバリエーション
ブラック・グラファイト・グリーン・アーミーバトルグリーン・デザートストーム×ベージュ・スコードロンブルー・ガングレー・ステルスブラック・レディッチレッド

ROYAL ENFIELD Classic 500 製品ページ

※記事の内容はNo.226(2021年1月22日)発売当時のものになります

より詳しいインプレッションは本誌をチェック!

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします