60周年おめでとう! スーパーカブ

昨年、1958年のC100登場以来、本日8月1日で満60歳になったスーパーカブ。この記念すべき日に、ホンダは東京本社の1Fであるホンダウェルカムプラザ青山にて、このスーパーカブ60周年を記念したイベントを開催。

 

スーパーカブ60周年の感謝の挨拶を行なう、ホンダモーターサイクルジャパンの加藤千明社長

 

 

会場では、10時30分からオープニングセレモニーがスタートし、ホンダモーターサイクルジャパンの加藤千明社長が登壇。スーパーカブ60周年の感謝の挨拶を行なうとともに、この日より期間限定受注の受付が始まったスーパーカブ50と110の『60周年アニバーサリー』モデルのアンベールも行われた。ちなみにこのモデルは専用のカラーと60周年記念の特別なエンブレムがあしらわれたモデルでありながら、なんとスタンダード比で約1万円高というお買い得車両。

 

●スーパーカブ110 60周年アニバーサリーモデル 

また会場では、『スーパーカブと素晴らしき仲間たち』と題したスペシャルトークショーが行なわれ、元ホンダワークスライダーの宮城光さんをMCに、三樹書房の小林謙一社長と、新型カブのデザイナーである川和 聡さんによるトークショーを開催。スーパーカブの魅力とともに、めでたく今年60周年を迎えるスーパーカブの同級生たちを紹介した。

 

『スーパーカブと素晴らしき仲間たち』スペシャルトークショーのもよう

 

なおホンダウェルカムプラザ青山では、8月24日までスーパーカブと同じく今年で60周年を迎える工業製品たちを集めた企画展示を開催。スーパーカブ・60周年記念アニバーサリーモデルのほか、世界のカブ13台とともに展示される。60年というロングセラーアイテムを通じて、昭和のモノづくりのすばらしさを感じてみてはいかがだろうか。

 

「スーパーカブと素晴らしき仲間たち」展

会場にNBC110 POSTIEがいた!

…というのが、イベントレポートの大前提。ええ、ここからは完全に僕の趣味の領域(笑)。会場には展示の一部として、世界の働くスーパーカブのコーナーが設けられ、オーストラリアの郵政仕様のスーパーカブが飾られていたので詳細レポートしちゃおう! このスーパーカブは2013年に登場した初代クロスカブの前身的な存在である『NBC110 POSTIE』の最新型。カラーリングや細部の装備こそ違えど、日本で発売となったクロスカブとスタイリングはほぼ同じ。2013年に日本でクロスカブが登場したとき、なんでこんなにシートが高いの(784㎜)? でもってなんで二人乗りできないのよ? …なんて思ったもんだが、それもそのハズ、ベースモデルが体の大きなオーストラリア人仕様のスーパーカブ『NBC110 POSTIE』だったからだ。郵政仕様なのだから二人乗りなど考慮するはずもない。クロスカブの足が長めでタフなイメージも舗装率が低いオーストラリアのダートに対応するためと思えば納得である。会場にあったのはヘッドライトがLED化された最新モデルのようである。いろいろ写真を撮ってきたので、ぜひ先代、そして現行クロスカブとの違いを探してみて欲しいぞ! もちろんこのオーストラリアの郵政仕様は、ホンダウエルカムプラザ青山で現在も展示中。8月24日までは現車を見ることができるはずだぞ!

 

●オーストラリアの郵政仕様のスーパーカブ

開催日
2018年8月1日(水)〜8月24日(金)
時間
10時〜18時
開催場所
東京都港区南青山2-1-1Honda青山ビル1階
問い合わせ先
Hondaウエルカムプラザ青山
問い合わせ先(TEL)
03-3423-4118
WEBサイト
http://www.honda.co.jp/welcome-plaza/
やたぐわぁ

written by

やたぐわぁ

本名/谷田貝 洋暁。「なるようになるさ」と万事、右から左へと受け流し、悠々自適、お気楽な人生を願うも、世の中はそう甘くない。実際は来る者は拒めず、去る者は追えずの消極的野心家。何事にも楽しみを見いだせるのがウリ(長所なのか? コレ)だが、そのわりに慌てていることが多い。自分自身が怒ることに一番嫌悪感を感じ、人生の大半を笑って過ごすことに成功している、迷える本誌編集長の44歳。

このコラムにあなたのコメントをどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします