NC750Sの2016年モデルはETC&グリップヒーターが標準装備に!!

NC750Sの2016年モデルが2016年2月19日より販売を開始する。マイナーチェンジを受けたNC750Sの2016年モデルでは、同時に発表されたNC750Xの2016年モデル同様に、LEDヘッドライトやショートタイプの異形断面サイレンサー、DCTの仕様変更、前後サスペンションのアップグレードなどの変更を受けている。 DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)採用モデルではスロットル開閉時の車体の挙動がより安定するように制御が追加されるとともに、ギヤ操作不要でスポーティな走りが楽しめるSモードに3つのレベル(シフトチェンジのタイミングが変化する)が新たに設定された。さらに、ATモード時には坂道の傾斜に応じてシフトチェンジのタイミングを合わせてくれるようになるなどの熟成が図られている。また、通常のMTモデルではレバー比の見直しによりクラッチ操作の軽快化が図られている。  

フロントフォークには、ピストンスピードに比例して減衰力が発生することで、より質感の高い乗り心地を実現してくれるショーワ製のデュアルベンディングバルブフロントフォークを採用。コストを抑えつつも、カートリッジ式のハイグレードなサスペンションとそん色のない減衰特性を追求している。リヤショックには新たに7段階のプリロード調整機能が追加された。 表示面積が拡大された液晶メーターには、DCTのモード表示や、グリップヒーターのレベル表示が表示可能に。また、メーターの表示色が好みの色に設定できるようになった。 今回のモデルチェンジの目玉といえば、NC750Sの全モデルで、ETCとグリップヒーターが標準装備されたことではないだろうか。これらの変更に伴い、2015年モデルよりも2万1,600円高の69万120円(スタンダードモデル)に販売価格が変更されているが、内容を考えるとかなりお買い得なのではないだろうか。

※画像には欧州仕様車が混ざっており、リフレクターの有無など一部仕様が異なります

 

COLOR VARIATION

 

従来モデルと見比べてみると

ヘッドライトはLEDに変更されているものの、フロントまわりの意匠に変化は見られない。テールランプの形状変更に伴い、テールカウル&リヤフェンダーのデザインも若干変更を受けている。新形状のサイレンサーの効果もあって、スポーティな印象を受ける。

 

 

 

SPECIFICATIONS

車名(通称名) NC750S
型式 2BL-RC88
全長×全幅×全高 2,215×775×1,130(mm)
軸間距離 1,520mm
最低地上高 140mm
シート高 790mm
車両重量 216[218]【228】kg
燃料消費率 WMTCモード値 28.3km/ℓ
定地燃費値 42.5km/ℓ
エンジン種類 水冷4ストロークOHC 4バルブ 並列2気筒
総排気量 745cm3
内径×行程/圧縮比 77×80(mm)/10.7
最高出力 40kW(54ps)/6,250rpm
最大トルク 68N・m(6.9kgf・m)/4,750rpm
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量 14ℓ
エンジンオイル容量 圧送飛沫併用式
潤滑方式 ウェットサンプ
燃料供給方式 フューエルインジェクション
始動方式 セルフ式
点火方式 フルトランジスタ式
クラッチ形式 湿式多板
トランスミッション形式 常時噛合式6段【電子式6段変速】
ギヤ・レシオ 1速 2.812【2.666】
2速 1.894【1.904】
3速 1.454
4速 1.200
5速 1.033
6速 0.837【0.864】
一次減速比/二次減速比 1.731/2.529【1.921/2.294】
キャスター/トレール 27°00’/110mm
タイヤサイズ 120/70-17 58W
160/60-17 69W
ブレーキ形式 Φ320mmシングルディスク&ニッシン製片押し2ピストンキャリパー
Φ240mmシングルディスク&ニッシン製片押し1ピストンキャリパー
懸架方式 正立フロントフォーク
スイングアーム,シングルリヤショック
フレーム形式 ダイヤモンド
乗車定員(人) 2
メーカー希望小売価格 69万120円[74万880円]【80万6,760円】

※[ ]内はABS、【 】内はDCT・ABS、ツートーンカラーは1万6,200円高

 

ホンダお客さま相談センター

0120-086819

http://www.honda.co.jp/motor

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします