デザインを大幅リニューアルした2016年 MSX125から、新型GROMを予習!!

  1. 2013年6月21日に販売を開始し、大きな人気を博しているグロム。12インチホイールを採用したコンパクトな車体設計と、最高出力で7.2kW(9.8ps)/7,000rpm、最大トルクで11N・m(1.1kgf・m)/5,250rpmを発揮する空冷単気筒エンジン&4速ミッションのパッケージングが魅力のモデルだ。

そのグロムが、欧州ではMSX125として販売されているのはご存知だろうか? 正確にはウインカーの形状など、細部が異なるものの、エンジン&シャシーは基本的に共通。グロムとMSX125は同様のモデルと考えていいだろう。 そして、ルックスを大胆に変更したMSX125の2016年モデルが発表されたのだ。それはつまり、グロムの2016年モデルも同様の進化を遂げる可能性が非常に大きいということ。そこで、MSX125の2016年モデルからグロムの2016年モデルを予習してみたい。

まず、一番目を引くのはLEDを採用した独特な形状のヘッドライトだろう。それに合わせて、サイレンサーもアップタイプからダウンタイプに変更されるなど、ストリートファイタースタイルをより強めるデザインとなった。また、燃料タンクやサイド&テールカウル、シートも大幅にデザインをリニューアルし、メインキーも収納式に。その他、リヤフェンダー&チェーンカバーもスタビライザーにも見える新デザインに変更されている。 なお、変更点はデザイン面のみで、主要諸元に変更はないようだ。 2016年4月に販売を開始するカワサキの12インチモデル・Z125 PROと、比較されることになるであろう2016年 MSX125。これからの市場の反応が楽しみだ。

 

COLOR VARIATION

 

従来モデルのGROMと見比べてみると

 

 

SPECIFICATIONS

車名(通称名) MSX125(2016年)
全長×全幅×全高 1,760×755×1,010(mm)
軸間距離 1,200mm
最低地上高 160mm
シート高 765mm
車両重量 101.7kg
エンジン種類 空冷4ストローク OHC 単気筒
総排気量 124.9cm3
内径×行程/圧縮比 52.4 × 57.9 (mm)/9.3
最高出力 7.2kW(9.8ps)/7,000rpm
最大トルク 10.9N・m(1.1kgf・m)/5,500rpm
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量 5.5ℓ
エンジンオイル容量 1.1ℓ
潤滑方式 ウェットサンプ
燃料供給方式 フューエルインジェクション
始動方式 セルフ式
点火方式 フルトランジスタ式
クラッチ形式 湿式多板
トランスミッション形式 常時噛合式4段
キャスター/トレール 25°/81mm
タイヤサイズ 120/70-12
130/70-12
ブレーキ形式 Φ220mmシングルディスク&2ピストンキャリパー
Φ190mmシングルディスク&片押し1ピストンキャリパー
懸架方式 インナーチューブ径Φ31mm 倒立フロントフォーク
スイングアーム,シングルショック
フレーム形式 バックボーン
乗車定員(人) 2

 

ホンダお客さま相談センター

0120-086819

http://www.honda.co.jp/motor

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします