TRIUMPH BONNEVILLE T120 BLACK

連載新車体感 ニューモデルインプレッション

No.
178
連載新車体感 ニューモデルインプレッション

企画を“まる読み”できます!

※公開中の誌面内容はNo.178(2017年1月24日)発売当時のものになります

インプレッションの誌面を開く
次のページ
前のページ

キング・オブ・クラシックの威厳は健在

レンズにカット面のないマルチリフレクターを採用しながら、丸目1灯のデザインがクラシカル。ブラックラインはヘッドライトまわりも黒塗装で統一されている

オーソドックスな2連指針タイプのメーターだが、デジタルパネルには、ギヤポジション、走行可能距離、燃料計、トラクションコントロールモードなどを備える多機能タイプ

空冷ではなく水冷エンジンだが、ラジエターや冷却液タンクといったユニットは極力後部などに巧妙に隠され、そそり立つバーチカルツインのスタイリングを引き立てている

T100が5速なのに対しT120は6速で高速巡航もラクラク。しかも、トルクアシストクラッチの採用でギヤチェンジ時のレバー操作もこの種のモデルにしては軽くなっている

2連キャブレター風のデザインに仕上げられたフューエルインジェクションまわりのパーツ。中央には“SINCE1902”とトライアンフの創業年が浮き彫りされている

HI/LO、オフで切り換えられるグリップヒーターを装備。しかも、HIはかなり強力で真冬でも3シーズングローブで走れるほど。さすが寒い国のバイクだけはある

外車にしてはめずらしく積載性も考慮。シートの裏にループがもうけられていた。またシート下にはUSBの電源ソケットも装備。ただシート下のスペースはほぼないといっていい

リヤタイヤのスリップに対して介入が早く、安心の“レイン”に、通常走行用の“ロード”と、2種類のトラクションコントロールモードを装備。任意でオフにすることも可能だ

SPECIFICATIONS※[ ]内はT120 BLACK

全長×全幅×全高
─×785×1,125mm
軸間距離
1,445mm
シート高
785mm
車両重量
224kg
エンジン型式・排気量
水冷4ストロークOHC 4バルブ 並列2気筒・1,200cm3
最高出力
59kW(80ps)/6,550rpm
最大トルク
105N・m(10.7kgf・m)/3,100rpm
タンク容量
14.5L
価格
145万円~148万8,000円[145万円~147万2,000円](税8%込)
メーカー製品ページ

http://www.triumphmotorcycles.jp/%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AB/classics/bonneville/2016/bonneville-t120

※記事の内容はNo.178(2017年1月24日)発売当時のものになります