初バイク「ホンダ・NS50F」の思ひ出

チャンカメの原チャリデビュー話に便乗して、自分はちょっとだけ初バイク話を。

 

自分の初バイクは大学時代である。バイクは、バイト先にいた年上だけど後輩の友達にもらったホンダのNS50Fというモデルだった。NS50Fは今ではほぼ絶滅してしまった50ccスポーツモデルで、7.2psの2ストロークエンジンとクラスをこえた車格&ハーフカウルがウリのそれはそれはイカしたモデルであった。なぜそれを譲り受けたかというと、単純にその年上の後輩が中免(当時はまだこの名称)を取ってホンダのCBR400RRを買ったからで、要するにただのお払い箱である。ついでに言うと、NS50Fは一度盗まれてボロボロになってたので、下取りしてもらえるような価値もなく、処分に困っていたというのが、彼が手放した一番の理由だったりする。

 

とはいっても、自分としてもそろそろバイクの免許が欲しいなぁと思っていたし、車の免許で乗れるバイク、しかもミッション車(なんと6速!)なんて練習用にちょうどいいと素直に思っていた。それに外装こそボロボロだったが、機関的には何の問題もなかったので、個人的には渡りに舟だったのは間違いなかったわけである。

 

ただ初めてのバイクそして初めてのミッション車は、なかなか手ごわく、慣れるまでけっこう苦労してしまった。特にこの車両は低速がスカスカだったので、発進にかなり気を使わないと、すぐにエンストしてしまうような代物だった。交差点でエンストしようものなら、必死に路肩に移動してキックしまくったり、またエンストしたくないがために、エンジンを吹かし過ぎて、道行くおば様たちに白い目で見られるようなことが何度もあった。それでも乗ってるだけで楽しくて、またコツをつかんで上達していくとますます好きになって、中免を取って次のバイクを買うまでの間、本当にいろんなところへ遊びに行った。

 

でも初めのうちは調子もよかったのだが、乗っているうちにだんだんと問題が出始め、そのうち頻繁にエンジンが止まるようになってしまった。一番つらかったのが、真冬の夜中にけっこうな田舎道でエンジンが止まったしまったときで、凍えるような寒さの中、とにかく必死にキックをしたら奇跡的に息を吹き返して事無きを得た思い出がある。結局、それからも原因不明のエンジンストップが多発するようになり、それに付随して乗る回数も激減。最終的にはレース用にほしいという人(実はチャンカメ)に廃車してから譲ったのが最後となってしまった。ただ自分としては、タダでもらった割にはずいぶんと長い付き合いをさせてもらったバイクで、まさにバイクのイロハを学ばせてもらった友である。

 

NS50Fについて調べてみると、まだまだ現役の車両もあるようだが、製造を中止した1991年から数えても、もう22年もたつモデルである。世間的にはマイナーな位置づけのバイクではあったけど、自分にとっては本当に特別なモデルなので、ぜひ今持っている人には大切に乗ってほしいと勝手ながら思っていたりします。もし乗っている人がいたら、ぜひともタンスタまで写真をお待ちしております!

C.ARAiのプロフィール

30代後半・Web制作班所属。何事にもしっかりしていたい気持ちはあるものの、やってることはかなり中途半端。基本的に運命にはあまり逆らわず生きていくタイプで、いきあたりばったりが自分にはよく合っていると思っている。悪く言えば計画能力ゼロ。モットーは「来るもの拒まず、去るもの追わず」。

このコラムにあなたのコメントをどうぞ