HONDA PCX / PCX150

連載新車体感 ニューモデルインプレッション

No.
193
連載新車体感 ニューモデルインプレッション

誌面を“まる読み”できます!

※公開中の誌面内容はNo.193(2018年4月24日)発売当時のものになります

インプレッションの誌面を開く
次のページ
前のページ
右:PCX、左:PCX150

 

原付2種版も軽二輪版も売れに売れているPCXが、ついに初のフルモデルチェンジ! しかも、フレーム&エンジンを大幅改良するとともに、スマートキーなども採用。これまた大人気になりそうだ!

写真・文:吉田 朋/写真:関野 温

乗ればわかる!旧型との違い!!

PCX / PCX150のスタイリング

 

見た目はシャープだが乗り味はフレンドリー

 

パーソナル・コンフォート・サルーンをコンセプトに、グローバルモデルとして2009年に登場したPCX。コンパクトなボディで軽快に走り回れ、維持費のリーズナブルな原付二種ということも相まって人気を博した。2014年にはスタイルに変更を受け、PCX150も登場。こちらも高速道路に乗れることもあって、好調なセールスをマークした。

 

そのPCX/150がついにフルモデルチェンジをはたした。スクーターであるためか、つい外観に目がいってしまう。一見するとPCXシリーズであることがわかるが、よりシャープなマスクや、サイドの流麗なデザインなど、所有欲を満たしてくれる。

 

外観の変更だけならマイナーチェンジになるが、今回はフルモデルチェンジだ。外装パーツの内部にある基本骨格のフレームをはじめ、さまざなな変更を受けているのだ。試乗前の技術説明で“乗れば違いがわかる!”という開発陣のコメントがあったが、実は懸念があった。従来モデルはキビキビと走れるのが魅力の一つだったが、タイヤサイズのワイド化などもあって、安定性は高まっているかもしれないが、キビキビ感はスポイルされてしまったのではないかと…。

 

ところが今回の試乗を通じ“杞憂にすぎなかった”という結論になった。むしろ軽快感は先代モデルよりも高い。フレームがダブルクレードルになり剛性が高まったこと、リヤショックの取り付け位置や仕様が変わったことなどが相まって、ワイドタイヤとのバランスがとれているからだろう。市街地走行でキビキビと走ってくれた。加えてコンフォート性も高まっている。PCX150で高速道路を走行したが、高い速度域で道路の継ぎ目や路面の段差を踏んでも旧モデルより安定しているのだ。これも車体の刷新によってもたらされたプラスの要素である。PCXは高速道路に乗れないものの、速度域の高い幹線道路で安定感の高さを感じられるだろう。

 

そのうえで拍手を送りたいのが、先代モデルと車体重量が変わっていないこと。従来のアンダーボーンフレームとダブルクレードルフレームを比較すると、後者の方が当然重くなる。またタイヤもワイドになればそのぶん重くなる。単純に考えると、新型の方が重くなると考えられるが、フロントカバーステーの素材の変更、ホイールの肉抜きなどで重量増を抑えているのだ。

 

続いてエンジン。スペックを見るとPCX・PCX150ともにトルクは変わっていないが、最高出力が向上している。どちらに乗っても出だしこそ先代モデルと変わらないと感じたが、中速から高速域にかけて伸びがよくなっている。エンジン自体には手を加えていないようだが、エアクリーナーボックスの容量を増やし、駆動系を見直した結果だろう。実際にPCX150に関しては先代モデルが用意されていたので、同時に走り出してみると、出だしは同等。速度が乗ってくると徐々に新型の方が伸びていくという結果になった。残念ながらPCXの新旧同時比較はできなかったが、PCX150と同様の結果になるだろう。

 

“乗れば違いがわかる”との開発陣のコメントどおり、新型と旧型の差ははっきりと体感することができた。そのすべてで先代を上回ったと感じさせた新型。すでにPCXオーナーである人が乗り替えても納得でき、これから初めてスクーターを購入しようと考えている人にもオススメできる出来栄えだ。

 

 

 

PCX / PCX150のディティール紹介

 

PCX / PCX150の足つき&乗車ポジション

身長171㎝/体重68㎏
ライダー側シート後端部に着座しても、両足がカカトまでしっかりと届く。自分より身長の低いライダーは、着座位置を前にすれば足着きに不安を感じないで済むだろう。ライディングポジション自体は先代との差は感じられず、ゆったりとした乗車姿勢をとることが可能だ

 

SPECIFICATIONS※[ ]内はABS仕様

PCX
全長×全幅×全高
1,925×745×1,105㎜
軸間距離
1,315㎜
シート高
764㎜
車両重量
130㎏
エンジン型式・排気量
水冷4ストローク OHC単気筒・124㎤
最高出力
147kW(200ps)/11,000rpm
最大トルク
12N・m(1.2kgf・m)/5,000rpm
燃料タンク容量
8.0ℓ
燃費(WMTC)
50.7㎞/ℓ
価格
34万2,360円(税8%込)
PCX150
全長×全幅×全高
1,925×745×1,105㎜
軸間距離
1,315㎜
シート高
764㎜
車両重量
131㎏
エンジン型式・排気量
水冷4ストローク OHC単気筒・149㎤
最高出力
11kW(15㎰)/8,500rpm
最大トルク
14N・m(1.4kgf・m)/6,500rpm
燃料タンク容量
8.0ℓ
燃費(WMTC)
46.0㎞/ℓ
価格
37万3,680円[39万5,280円](税8%込)

PCX製品ページ

CONTACT

問い合わせ先
Hondaお客様相談センター
電話番号
0120-086819
URL
https://www.honda.co.jp/motor/

※記事の内容はNo.193(2018年4月24日)発売当時のものになります

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします