KYMCO G-DINK250i

連載新車体感 ニューモデルインプレッション

No.
193
連載新車体感 ニューモデルインプレッション

誌面を“まる読み”できます!

※公開中の誌面内容はNo.193(2018年4月24日)発売当時のものになります

インプレッションの誌面を開く
次のページ
前のページ

 

フルフラットなステップボードにより、ラクに乗り降りが可能な250㏄ビッグスクーター。電源を2系統用意する時代に合ったユーティリティが魅力となる車両の走行パフォーマンスに迫る。

文:岩崎 雅考/写真:南 孝幸

時代に即した使い勝手のよさと気軽さがポイント

KYMCO G-DINK250iのスタイリング

 

乗車時の快適性が“ラク”を強調する

 

時代とともにユーザーの望みは変わってくる。その需要に応えるように国内のビッグスクーターシーンは、最近まで車体が大型化しつつラグジュアリーさを追求してきた。ただ、そういった方向性を求めないユーザーもいるわけで、ホンダ・フォーサイトのようなちょいコンパクトが再び発売されないかという声もいまだに多い。そんな声に応えられるモデルがスクーター王国台湾のメーカー・キムコから登場した。それがこのGディンク250iだ。

 

このモデル1番のポイントは、センタートンネルのないフルフラットなステップボードといえよう。足を高く上げることなく乗車できるので体格の小さい人にも乗りやすいし、乗るかどうかは別としてスカートでも乗れる。さらに大きな荷物を足元に置くことも可能だ。

 

走り出して最初に気付かされるのが、走っているときのエンジンのなめらかさ。アイドリング時にはそこそこ振動が出ているのだが、走り出すと非常にスムーズなのだ。そのスムーズさは街中の常用域では維持され続ける。このエンジンフィーリングに加えて、減速帯や路面の凸凹による突き上げを絶妙にやわらげてくれるフレーム&サスペンションが、高い快適性のある乗り味を作り出しているのだ。ただ快適性が高いだけではなく、フロント13、リヤ12インチという小径ホイールのおかげもあって加速がよく、発進時にスッと車体が前に出るので、交通の流れが早い幹線道路でほかを一歩リードできるし、込み入ったところでもキビキビと走り回ることも可能だ。

 

250㏄の排気量があるので、高速道路での走り心地も気になるところ。一般道の制限速度60㎞/hを超えてもスムーズに加速を続けるのだが、エンジンの回転数が7000rpmを超えたあたりから、速度にすると100㎞/hくらいから振動と音が急激にライダーに伝わってくる。この“エンジン回ってます!”的なフィーリングは好みの分かれるところだろう。直進安定性は高いし、メーター読みでもう少し速度を出すことは可能なので、この感覚が気にならないのであれば高速道路を走り回ることもできる。

 

アクセルとともに速度を調整するブレーキは、フロント、リヤともにレバーをにぎり込んでいったときの効き具合がライダーに伝わりやすい。さらに、にぎり込んでいく途中で急激に制動力が高まることもない。ABSも標準整備されているので、絶対的な制動力も十分だ。

 

ハンドリングは、オーバー&アンダーステアを感じることのないライダーの意思に対してニュートラルなもの。先に直進安定性は高いと記述したけれど、その安定性がジャマをして曲がりにくいということもない。

 

大きすぎない車格とフルフラットなステップボード、さらに適度な容量が確保された収納スペース、加えて電子ディバイス用の電源ソケットが2系統と使い勝手がいいところもポイント。そして何より価格だ。250㏄ビッグスクーターを新車で45万円以下で購入できるというのは、大きな魅力といえるだろう。

 

KYMCO G-DINK250iのディティール紹介

 

ヤタガイ ヒロアキさんの投稿 2018年3月27日火曜日

 

KYMCO G-DINK250iの足つき&乗車ポジション

 

SPECIFICATIONS

全長×全幅×全高
2,115×770×1,360㎜
軸間距離
1,450㎜
シート高
770㎜
車両重量
182㎏
エンジン型式・排気量
水冷4ストロークDOHC 2バルブ 単気筒・249㎤
最高出力
14.6kW(19.9㎰)/7,500rpm
最大トルク
20.9N・m(2.1kgf・m)/6,500rpm
燃料タンク容量
9ℓ
燃費(WMTC)
価格
43万2,000円(税8%込)

G-DINK250i製品ページ

CONTACT

問い合わせ先
キムコジャパンお客様相談室
電話番号
0120-046-165
URL
http://www.kymcojp.com/

※記事の内容はNo.193(2018年4月24日)発売当時のものになります

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします