キャバレロ フラットトラック125

連載新車体感 ニューモデルインプレッション

No.
207
連載新車体感 ニューモデルインプレッション

誌面を“まる読み”できます!

※公開中の誌面内容はNo.207(2019年6月24日)発売当時のものになります

インプレッションの誌面を開く
次のページ
前のページ

ファンティック キャバレロ フラットトラック125 コーナリング走行

 

1960年代後半に誕生したイタリアのオートバイメーカー“ファンティック”。その歴史の中でもっとも有名なキャバレロの車名が復活した。いくつかあるモデルの中から、今回はフラットトラック125に試乗。その走りはいかに?

文:濱矢文夫/写真:南 孝幸

本格的なダートトラックマシンだ!

CABALLERO FLAT TRACK125のスタイリング

 

スタイリッシュかつ個性的なハンドリング

この春より日本に上陸したファンティックのキャバレロには、スクランブラーとフラットトラックの2種類があり、これは後者の125㏄版。大きな特徴は、前も後ろも外径が19インチのホイールで、130/80という同サイズのタイヤを履いていること。

 

フラットトラックというのは、ダートトラックとも呼ばれるアメリカを中心に盛り上がっているレース。逆ハンでリヤタイヤを大きくスライドさせながら、土のオーバルコースを周回して競う。知らなくても、どこかで写真や動画を見たことがあるかも。これは、そんなフラットトラックレース車のエッセンスとスタイルを取り入れたストリートバイクということになる。その競技車両では、フロントだけでなく、リヤが19インチというのは定番。だから競技が好きな人からすれば本格派だ。

 

間近で見ると、車体が大きめで、倒立フロントフォークを支えるブラケットやスイングアームピボット部分がアルミの削り出しであったりと立派。ヒードガード的なサイドカバーやラジエターシュラウドのディテールもなかなかで、とても125㏄には見えない。

 

古い話だけど、ヤマハTWやSRやらをカスタムして乗る、ストリート系と呼ばれるジャンルが90年代に盛り上がったことを思い出した。この流行の根っこの一つに、80年代に発売されたホンダFTR250というフラットトラックレーサー風モデルの存在があった。だから新しいジャンルではないけれど、存在感のあるタイヤが前後で踏ん張り、最低地上高が高く、ナローですっきりしたスタイルが実に新鮮だ。

 

積まれている水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒エンジンは、モトーリ・ミナレリ社のもの。それに燃料噴射装置ではなくキャブレターが装着されている。低中回転域からトルクが出で、排気量的に決して速くはないけれど、ギヤのつながりがよくて速度がのっていく。6速ギヤを駆使しながらスロットルを大胆に開けて走れば、もどかしさなんてなく、スイスイっと前へと進んでいくのが楽しい。足まわりの剛性が高く、動きもしっかりしていて、出せる範囲の速度でへこたれることはない。ブレーキの効きもバッチリ。だから積極的に動いても愉快だ。

ファンティック キャバレロ フラットトラック125 走行

同じサイズのタイヤを前後に履いたハンドリングは独特。とくに曲がろうとするときが一般的なバイクと少し違う。正直なところ一番最初は戸惑った。それは間違いなくタイヤのサイズ、ラウンド形状、トレッドパターン、剛性、重さに起因していると思う。しかし、独特でクセはあるけれど、難しかったり危なかったりはしない。しばらく乗って慣れてくると最初の違和感はかなり薄れ、自由自在に操れるようになった。特別なテクニックを使ったのではなく、難しく考えず、バイクが曲がろうとする動きを邪魔しなければいいだけだ。そうすれば素直にいうことを聞いてくれる。雨の中でも運転をしたけれど問題なく、出せる速度内でのスタビリティも十分。

 

原付二種だけど、それより上の排気量の車両に見劣りしないサイズやディテール。レトロ感もあるスタイリッシュなルックス。いろんな機種が並んだこのクラスに、またおもしろい車両が加わった。

次ページ:キャバレロ フラットトラック125のディテール&足つきを紹介!

CONTACT

問い合わせ先
サインハウス
電話番号
03-3721-1770(ショールーム)
URL
https://sygnhouse.jp/

※記事の内容はNo.207(2019年6月24日)発売当時のものになります

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします