スポーティなルックスが魅力のCB650R&CBR650Rが発表に!国内でも販売予定だ

 

2018年11月8日から一般公開予定のEICMA2018にて、ネオスポーツカフェシリーズのニューモデル・CB650Rと、同様のエンジン&シャシーを採用するフルカウルスポーツモデル・CBR650Rが発表された。

いずれのモデルも国内販売が予定されている注目のニューモデルだ。

ネオスポーツカフェシリーズの新顔・CB650R

 

2018年より販売を開始したばかりのCB1000R/CB250R/CB125R、3台のネオスポーツカフェシリーズに、新たに648ccの並列4気筒エンジンを搭載するCB650Rが登場。クラシカルかつスポーティなスタイリングはシリーズのコンセプトにならったモノ。円弧状のヘッドライトやコンパクト&ショートなテールカウルなど、シリーズ共通のデザインイメージが盛り込まれている。

 

 

もちろんデザインだけでなく、インナーチューブ径φ41mmのショーワ製倒立フロントフォーク&ラジアルマウント対向4ポットキャリパー、エンジントルクコントロールシステム、アシスト&スリッパークラッチを採用するなど、走行性能もしっかりと追求されている。

 

同シリーズモデルと見比べてみると

COLOR VARIATION

スーパースポーツルックに大変身したCBR650R

 

CBR1000RRを彷彿とさせるスポーティなスタイリングが与えられた2019年モデルの新型CBR650R。エッジの効いたカウルデザインやショートテールカウル、空力性能の向上につながるサイドフィンを採用するなど、ツアラー然としたCBR650Fのスタイルからスポーティな方向へとイメージチェンジが図られている。

 

 

CBR650Fの後継モデルという形になる本モデル。基本的なエンジン&シャシーに変更はないものの、倒立フロントフォークや30mm前方に設定されたハンドルバーと後方&上部に移動したステップなどで、ライディングポジションもスポーティな設定に。車両重量は従来モデル比で6kgの軽量化を実現したうえで、エンジンも高回転寄りの特性に変更が施されるなど、スポーツモデルらしい仕上がりになっているとのこと。

 

CBR650Fと見比べてみると

COLOR VARIATION

CONTACT

問い合わせ先
Hondaお客様相談センター
電話番号
0120-086819
URL
https://www.honda.co.jp/motor
ヒラオ

written by

ヒラオ

イイものはイイ、ダメなものはダメと素直に言いたいだけなのに、基本否定や悪口から入ると周囲から言われる1992年生まれ。バイクだけに限らず、乗り物なら基本的に何でも好きだけど、シンプルな乗り味で自分が操っている感を楽しめるものが好み。

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします