YAMAHA SR400

特集ライダー力検定
危険回避力

No.
151
特集ライダー力検定危険回避力

この企画に登場しました!

no_151_sr400_01

世代を越えて愛される超ロングセラー

今年は、MT-09、MT-07、トリシティなどニューモデルラッシュが続いているヤマハ。年内にはYZF-R25も控えているし、今後もニューモデルに注目が集まる傾向が続いていくだろう。しかし、その一方でヤマハには“世代を越えて愛されるロングセラー”もあるのだ。SR400はその代名詞的な存在で、なんと初代がリリースされたのは1978年のことである。それ以降、小変更はあるものの“始動方式はキックのみ”“400㏄空冷単気筒”といった基本的な車体構成は変えずに生産され続けている。2010年モデルからは燃料供給装置がとうとうフューエルインジェクションとなったが、それでもなお、キックのみの始動方式は健在だ。ニューモデルももちろんいいけれど、“熟成”の魅力にも注目してみよう。

no_151_sr400_02

SR400のアイデンティティでもある、空冷単気筒エンジン。キックスタートにはコツがいるが、やり方を覚えてしまえばラクにかけられる

no_151_sr400_03

ティアドロップ型のタンクが、古きよき“オートバイ”という雰囲気。エッジの効いたデザインのバイクが増えている現在では、逆に新鮮かも

SPECIFICATIONS

全長×全幅×全高
2,085×750×1,110mm
軸間距離
1,410mm
シート高
790mm
車両重量
174kg
エンジン型式・排気量
空冷4ストロークOHC 2バルブ 単気筒・399cm3
最高出力
19kW(26ps)/6,500rpm
最大トルク
29N・m(2.9kgf・m)/5,500rpm
タンク容量
12L
価格
55万800円

※記事の内容はNo.151(2014年10月24日)発売当時のものになります

足つきや特集企画の様子など、より詳しい情報は本誌でチェック!