YAMAHA MT-09

特集エンジン大解説/実走編:3気筒

No.
203
特集エンジン大解説/実走編:3気筒

この企画に登場しました!

YAMAHA MT-09 走行イメージ

乗り手の意思に一瞬で反応するエンジン

2年前に大幅なモデルチェンジをして、より戦闘的なデザインに生まれ変わったヤマハMTシリーズの急先鋒。並列3気筒エンジンを積んだ走りは進化しソフィスティケートされた。それを大いに楽しむ

MT-09のスタイリング

 

クロスプレーンコンセプト

コンパクトに仕上げた水冷並列3気筒DOHC4バルブエンジンは、120°の等間隔爆発で、クランクシャフトが回るときに出る慣性トルクが小さいのが特徴。これによって、より爆発して得られるトルクを主体としたリニア感がMT-09の走りを印象づけている。この設計思想をヤマハでは“クロスプレーンコンセプト”と呼ぶ。スリッパークラッチやクイックシフトも付く。

 

YAMAHA MT-09 エンジン

 

MT-09のディテール

SPECIFICATIONS※[ ]はSP

型式
2BL-RN52J
全長×全幅×全高
2,075×815×1,120㎜
軸間距離
1,440㎜
シート高
820㎜
車両重量
193㎏
エンジン型式・排気量
水冷4ストロークDOHC 4バルブ 並列3気筒・845㎤
ボア×ストローク
78.0×59.0㎜
圧縮比
11.5
最高出力
85kW(116㎰)/10,000rpm
最大トルク
87N・m(8.9kgf・m)/8,500rpm
燃料タンク容量
14ℓ
燃費(WMTC)
19.7㎞/ℓ
価格
100万4,400円[111万2,400円](税8%込)

MT-09製品ページ

CONTACT

問い合わせ先
ヤマハ発動機カスタマーコミュニケーションセンター
電話番号
0120-090-819
URL
https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

※記事の内容はNo.203(2019年2月23日)発売当時のものになります

より詳しいインプレッションは本誌をチェック!

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします