納得のいく取引をしたい。バイクを手放す時のトラブル

バイクの引き取り

愛車との最後の別れはトラブルなく円滑に行ないたいもの。しかし当然ながら売り手は少しでも高く、買い手は少しでも安く買い取りたいと考えるため、どちらか一方の主張が強すぎるとトラブルに発展することもある。ある程度双方が折り合いをつけなければならないので、100%思い通りにいかないことも多いのが実情だ。

 

ちなみに、高価なパーツをたくさん装着したカスタムマシンよりもノーマル状態のマシンの方に高値が付く場合もある。「このバイクのカスタム費用は総額○○万円」というフレーズを聞くこともあるが、残念ながらその価格は買い取り額には反映されないことも。前オーナーが大金をかけて自分好みにバッチリ仕上げていたとしても、そのカスタムが次のオーナーにも受け入れられるとは限らないからだ。そのため「カスタム分だけ高く買い取ってほしい」という誤解がトラブルを招くことも…。

 

また少数派だが、次に乗る人のことを考えて、自分にしかわからないような不具合をキチンと直してから売却する人もいる。当然その分の費用は自分持ちなので、金銭的には損をしているのだが、査定アップの可能性はもちろんだが、“次のオーナーのために”という思いやりの心は、きっと自分自身にも返ってくるはず。こういった心がけが、売買時のトラブルを回避する秘訣なのかもしれない。

買い取り業者への依頼はよく考えてから

あなたのバイク高く買います!!電話一本で査定スタッフが自宅まで出張買い取りに来てくれるバイク買い取り業者。その手軽さから利用する人も多く、もちろん希望どおりの取引ができる場合もある。しかし、電話見積もりの金額にひかれて査定を依頼したものの、実際の買い取り価格が安すぎて納得のいかない思いをしたという人も少なからずいる。納得がいかない場合はもちろん断ってもいいのだが、査定スタッフがなかなか首を縦に振らずにトラブルに発展するケースもあるのだ。

イラストの広告のように、具体的な金額が表示されている場合もあるが、これはほとんどキズさえないような新車に近いコンディションの車両に限られるようだ。実際はこの金額から査定額はマイナスされることがほとんどだと思っておこう。

価格相場は前もって把握しておくべき

価格相場は前もって把握しておくべきプロに買い取り査定をしてもらわないと具体的な買い取り金額はわからないが、自分の愛車と同等の中古車がどれくらいの金額で売られているのかを知ることはできる。まずはその価格相場を把握。そしてそこから店頭に並べるための消耗品交換費用や整備料、ショップの利益分を引いていくと、おおよその買い取り価格の予想ができる。

ただし利益率はショップによってバラバラなので、買い取り価格の予想は目安にしかならないが、前もって把握しておけば「こんなに安いのか」という気持ちにならずに済むかも。

下取りを活用して高く引き取ってもらおう

下取りとは“新品の代金として割り引く目的で、売り手が買い手から古品を引き取ること”。バイクの場合は中古車購入時にも適用され、一般的には、以前購入したバイクを同じ店舗で下取りしてもらった場合、通常の買取り額よりも高く査定してもらえる傾向がある。

これはショップ側から見て、整備履歴を把握しているバイクの方が、納車整備に当たる費用のおおよその見積りを出しやすいからで、素性の分からないバイクほど、どんなトラブルを抱えているか分からないので、必然的に損をしないためにも見積もり額を下げざるを得ないというわけだ。

事情があって売却するショップと購入するショップが違ってしまう場合は仕方がないが、購入店に下取りをしてもらった方が、より高く査定してもらえる可能性が高い、ということだけ覚えておこう。

下取り価格の違い

売ったバイクのキャンセルをしたい場合は…

売ったバイクのキャンセルをしたい場合平成25年2月21日の法改正により、訪問買い取りもクーリングオフの対象となった。どうしても納得がいかない取引の場合、一定条件を満たしていれば愛車を取り戻せる可能性はある。ただし、クーリングオフ期間は8日間と短く、手続きも少々複雑なので、迅速に対処しなければならない。

最初に行なうべきことはまず電話。消費者ホットラインの番号『188』にダイヤルし、アナウンスに従って最寄りの相談窓口へ問い合わせよう。 ※詳細は国民生活センターのHPを参照。

一般ライダーの体験談

けっこうガチで、2度と経験したくないトラブル

大学時代の話…。当時原付に乗ってましたが、中型に乗り替えのため売却することに。某オートバイ雑誌の広告記事にあった“買い取り実績価格”の中でもっとも買い取り価格が高かったお店に連絡。当時、ホントにそれしか見てませんでした…。
アパートに来てもらい、その場で査定してもらうことに。そのときは夜だったんですが、スタッフは暗い中なのに携帯のライトだけで車両を確認し始めました…。まぁ今考えるとその時点で信用できないんですけどね。
その後提示してもらった価格が雑誌に書いてあった実績価格と差がありすぎたこともあり、売却をやめたのですが、そうすると「東京からの出張費を出してもらわないと困る」とゴネだした…。当時何も知らない私は素直に払ってしまいました…。
それから10年以上経ちますが、その出来事とお店の名前、掲載されていた雑誌名は絶対に忘れません(笑)。これから自宅で出張査定してもらおうと考えている人は≤出張見積もり費は無料≥であることを確認する、スタッフ(査定者)の名刺は最初に必ずもらう(誰が対応したかなど、トラブル発生時には必ず必要)ことを強くオススメします。

 

(わっさん/34歳/男性/バイク歴:14年/そのトラブルに遭遇したのはいつ?:バイクに乗り始めて3年以上)

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします