APRILIA TUONO660

APRILIA TUONO660(2022年モデル)走行

これまでなかった並列2気筒ミドルスーパースポーツとして登場したアプリリアのRS660。それをよりストリートに合うようモディファイしたのがトゥオーノ660だ。乗って体感した走りへのこだわりをお伝えしよう。

文:濱矢文夫/写真:関野 温

軽快なフットワークとほどよいパワーを高次元でブレンド

APRILIA TUONO660のスタイリング

走るのが好きな人の喜ぶツボを押さえている

ワインディングを気持ちよく走りたい派“三度の飯よりスポーツライディングが好き”という人にはたまらん機種だ。ハイパワーな水冷並列2気筒エンジンを搭載したミドルスーパースポーツ、RS660をベースに、よりストリート向けに仕立てたのがこのトゥオーノ660。RS660はかなり楽しかったから、期待が高まらないわけがない。乗ってみて感じた、走りマニアが喜ぶツボを説明しよう。

 

まずは軽い。たい焼きはあんこが詰まって重い方がいいけれど、バイクは軽い方がいいに決まっている。装備重量183㎏というのは魅力的な数値だ。車体はとてもコンパクトで、ブレーキングや方向転換などでメリットを大きく感じられた。タイヤは17インチのハイグリップなピレリ・ディアブロロッソコルサⅡを履いていて、剛性の高い足まわりやアルミフレームといった車体からなるフットワークは軽快そのもの。φ320㎜の大径ローターにブレンボ製4ポットキャリパーを使ったブレーキ構成に、ラジアルタイプのマスターシリンダー。強力ながら握り込んでギュッと締め上げるようにブレーキを効かせられる。気持ちのいい減速をしつつ、コーナーへ飛び込む場合も倒し込みは実に軽やかだ。

 

より前傾姿勢でフロントからスパッと曲がるRS660と比べて、サスペンションの初期動作がソフトで、舗装が荒れていたり、ギャップが多かったり、うねった道でもタイヤが路面を追従するので安心してコーナリングを楽しめる。サーキットのような整備されたところを高速で走るならRS660の方がクイックで速い。でも絶対速度が低くて、さまざまな路面状況の公道なら、こっちの方が安心感は高い。山道を魚が泳ぐように駆け抜けられた。

 

そしてアップハンドル…、といっても王さまみたいにふんぞり返らず、気持ち前傾。それでもレーサー的な低いハンドルより楽チンなポジションで、ライダーが前後の荷重バランスをとりやすいから、いろんな状況に容易に対処できる。気持ちはヤング(死語)でも、実際の老化がごまかせない年齢のライダー(私)にとっては、腰へのダメージが次の日まで残りにくいから助かるし、前傾姿勢より顔が上がるので周囲を見わたしやすい。

 

このシャキッとした楽しい動きと相乗的に作用して、俊敏に駆け抜けられるという結果に結び付けているのがパワーユニットだ。そう、エンジンがこれまたいい。ライド・バイ・ワイヤの採用で、走行状況をコンピューターが判断して特性を変化させていることから、街中で低回転域のノロノロ運転の場合でも、スロットルワークは神経質にならずにコントロールしやすい。そこからひとたび右手を大きくひねると、高回転までスムーズに回り、胸のすく加速を見せる。RS660の最高出力は100㎰だが、同じ最大トルクでトゥオーノ660は95㎰と若干パワーダウンしている。が、そんな差は気にならない。

“ツマラナイ…”なんて絶対いわせない!

APRILIA TUONO660(2022年モデル)走行

 

標準設定のライディングモードはコミュートとダイナミックの二つに、インディビデュアルというお好み設定モードがある。スポーツモードであるダイナミックでは鋭いレスポンスで加速の鋭い立ち上がりが味わえて、自分の意思と後輪がダイレクトにつながった感じ。トルクの出方に唐突に盛り上がる山はないので、回転数に準じた速度の伸び。レブリミットまで回して走ればエキサイティング。それでも持て余す感じはない。使い切っている醍醐味が味わえ、かつ快楽的。270度位相クランクの慣性トルクの変動が少なく、ほしいぶんだけのトルクが出て進むので、どんなシチュエーションでも積極的に速度を上げていきやすい。

 

このエンジンはアプリリアのフラッグシップスーパースポーツRSV4のV4エンジンを半分にしたような成り立ち。アルミフレームや足まわりなどもスーパースポーツに近いもの。さらにライド・バイ・ワイヤだけでなく、トラクションコントロール・ウィリーコントロール・エンジンブレーキコントロール・クルーズコントロールと、電子制御技術がてんこ盛り。200㎰オーバーのスーパースポーツはすばらしい性能でも、万人がフルスロットルで走れるとはいい難い。じゃあ、パッカーンとエンジンを半分にして、余剰にならない程度のパワーにし、車体は軽く、走りはスーパースポーツになるべく近いものにしたらおもしろいバイクができ上がるよね、ってメッセージが伝わるのがRS660。トゥオーノはそれをベースにしたもっとストリートに特化したもの。パフォーマンスと汎用性を両立した公道スペシャル。

 

私が高い評価をする最後の理由は、スクリーン付フェアリングがあるところ。スーパースポーツベースのストリートファイターの多くは小さいメーターバイザー的なモノしか付いていないが、このトゥオーノ660のモノはちゃんと防風に役立っている。高速走行でこれがあるとないとでは疲れ方がまるで違う。アプリリアの中の人は、走りたい派の気持ちをよくわかっているな。“バイクは走ってナンボじゃい!”と主張しているところがいさぎよし。

次ページ:APRILIA TUONO660のディテールと足つきをチェック!

※記事の内容はNo.239(2022年2月24日)発売当時のものになります

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします