YAMAHA NMAX155

特集ライダーならやっぱり遠くへ行きたい!
16hチャレンジ ROUND2 二人で遠くへ行ってみたい!

No.
195
特集ライダーならやっぱり遠くへ行きたい!16hチャレンジ ROUND2 二人で遠くへ行ってみたい!

この企画に登場しました!

初めてのタンデムでもバツグンの安定感を発揮!

スクーターというと50㏄クラスの小柄で取りまわし重視なタイプと、250㏄クラスの居住性重視なタイプという2つにしか分類できない…。なんて考えていた僕だけに、155㏄の本車はどういう性格なのかと少々不安があった。というのも実は僕、タンデムツーリングするのは生まれて初めて。足着きこそいいけれど、250クラスと比べ小柄な車体に二人乗るのは、不安定なのではないか?と思っていたのだ。

 

しかし、僕より圧倒的に背が高いタンデマーを乗せたところで“あ、これならイケるかも”と思った。グラグラふらつくという予想に反して、走行時はおろか乗降時でさえしっかりと地面に踏ん張っていられる。重心が下部へまとめられているので、ドッシリとした車格がなくても安定しているのだ。タンデム初級者の僕がUターンまでできたのは、感動さえ覚えた。

 

そのスリムかつ軽量な車体は、スポーティな走行に寄与している。幹線道路でグングン加速してくれるし、ワインディングもキビキビと曲がれる。何度も言うが、それを二人乗りでこなしてくれるのだ。

 

安定感と軽快さを併せ持つ、いいとこ取りなスタンスなのがNMAX155のキャラクターだ。

 

NMAX155のスタイリング

 

NMAX155のディティール紹介

 

NMAX155の足つき&乗車ポジション

ライダー:身長165㎝/体重54㎏ タンデマー:身長184㎝/体重65㎏
ベタ着きとまではいかなくとも、低速走行時などでグラついたときに踏ん張れるぐらいの足着き面積はある。タンデマーとの間には余裕があり、ライダー、タンデマーともに座る位置にきゅう屈感はない

 

SPECIFICATIONS

全長×全幅×全高
1,955×740×1,115(㎜)
軸間距離
1,350㎜
シート高
765㎜
車両重量
128kg
エンジン型式・排気量
水冷4ストローク OHC 4バルブ単気筒・155㎤
最高出力
11kW(15㎰)/8,000rpm
最大トルク
14N・m(1.4kgf・m)/ 6,000rpm
燃費(WMTC)
41.7㎞/ℓ
燃料タンク容量
13ℓ
価格
37万8,000円(税8%込)

NMAX155製品ページ

CONTACT

問い合わせ先
ヤマハ発動機カスタマーコミュニケーションセンター
電話番号
0120-090-819
URL
https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

※記事の内容はNo.195(2018年7月5日)発売当時のものになります

キムロウとイトウくんの凸凹コンビが行くタンデムツーリングの様子は本誌をチェック!

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします